天子山塊  竜ヶ岳(1485m) 

岳遊倶楽部C.ibex 登山教室中級

萌木色の竜ヶ岳へ

2018年04月26日(木)  天気;晴れ

ルート;河口湖IC=本栖湖南西部入江の駐車スペース…端足峠入口…本栖湖畔歩道…登山口

    …石仏ルート合流点…竜ヶ岳…端足峠…浩庵テント村分岐…端足峠入口

    …本栖湖南西部入江の駐車スペース=河口湖IC=八王子駅

    浩庵テント村入口の空き地に車を止めて外に出ると空気は冷たい。

08:11  

    0811.jpg  

      本栖湖南西部入江の駐車スペース START

08:17 端足峠入口

08:19

    0819.jpg

      本栖湖畔歩道入口左へ

09:32

    0932.jpg

     本栖湖キャンプ場側の登山口からのルートと合流

09:46

    0946.jpg  

      木の間越しに本栖湖が見える

      ここからは少し急なつづら折れの道となる

10:35

    1035.jpg  

      左手に富士山を垣間見ながら

11:09

    1109.jpg

       マメザクラ(バラ科サクラ属・別名/フジザクラ)も咲いている 

11:30

    1130.jpg  

       展望が開け ヴィラ本栖の登山口から登ってくる石仏ルートと合流

    1131.jpg

      綺麗です

11:54 山頂到着

    1154.jpg  

     ランチ&コーヒータイム

12:30

  1227.jpg

    山頂を後に

13:04

   1304.jpg

     マメザクラ

13:07

  1307.jpg

     アズマイチゲ(キンポウゲ科イチリンソウ属)

13:24

    1324.jpg          

       端足峠

13:54  浩庵テント村分岐近くで

  1355.jpg

    ミヤマシキミ(ミカン科ミヤマシキミ属・雌雄異株) 多分雄株だと思います。

   端足峠入口経由で

14:40  GOAL

   1440.jpg

     全員無事に駐車スペースに到着

   4月下旬の竜ヶ岳は 萌木色の中に桜の花も有り、未だ春の香りが残っていた。

   楽しい山行を有り難う。

        

秩父  晩秋の南天山へ

岳遊倶楽部C.ibex登山学校登山入門講座
2017年12月02日(土)  天気;晴れ
ルート:鎌倉沢橋登山口P…法印の滝…尾根コース・谷コース分岐…尾根コース…稜線
    …南天山…沢コース下降点…沢コース…分岐…法印の滝…鎌倉沢橋登山口P
参加者:4名
06:40    八王子駅出発
    中央高速を勝沼ICで降りる。西沢渓谷方面に向かい雁坂トンネル経由で中津川へ。
09:05 鎌倉沢橋登山口着
09:16 START
             17120201南天山
                  沢沿に登って行く
09:30 
    17120202南天山
       小さな滝や滑滝を見ながらの登り
09:51 
       17120203南天山
         鎌倉沢の大滝「法印の滝」 登山道は右岸を高巻いている。
10:32 沢コース・尾根コース分岐
    尾根コースの急登を登る。
11:39 
    17120205南天山      
      稜線にでる。山頂まで一息だ。
11:54
           17120206南天山
                  南天山山頂 到着  両神山や二子山がよく見える。
     コーヒーを入れてランチタイム。土曜日だというのに誰もいない。貸切の山頂。
 17120207南天山 

      17120208南天山 
13:04  山頂を後にする
13:24 
    17120209南天山   
      尾根ルートの下降点
13:52 
    17120210南天山 
      沢ルートの下降点  稜線のルートは進入禁止になっている。
     急な下りを下って行く。
14:43
            17120211南天山
                  尾根ルートとの分岐点に出る。
      小休止ご往路下山
15:17  法印の滝通過。
15:27
            17120212南天山
                 沢を幾度か渡り返しながら下って行く。
15:59
            17120213南天山
                 無事、鎌倉沢橋登山口の駐車スペースに到着。
     天気も良く、静かな山行を楽しむことができた。沢筋のルートや山頂付近の
     稜線には露岩もあり変化のあるルートを提供してくれる静かな良い山だ。
      

北八ヶ岳へ 縞枯山~白駒池

2017年06月25日(日)  天気;霧時々雨

  クラブツーリズム主催・日帰りで八ヶ岳を歩く

  参加者;男性3名、女性14名 計17名

07:30 あずさ3号にて茅野へ

11:09 ロープウエイ山頂駅着

    17062501縞枯山

      ガスに包まれた山頂駅前

11:30 出発

    坪庭に上がる道を左に分け少し行くと雨粒が落ちてくる。次第に大粒になってきたので

   縞枯山荘のところで雨具を着ける。

11:56 

    17062502縞枯山

      雨池峠

      途中でミヤマカタバミやオサバグサを見る

12:31 縞枯山 山頂着  霧と樹林で展望はない。

    17062503縞枯山


   17062504縞枯山  

     ミツバオウレン(キンポウゲ科オウレン属) 

   17062505縞枯山  

     マイヅルソウ(ユリ科マイヅルソウ属)は 未だ蕾だ。

12:44 山頂 発

13:02 縞枯山展望台

  17062506縞枯山

     残念ながら展望はない

13:12 展望台分岐に戻る

    ここからは下り、下りきって傾斜が落ちた木の下に

13:27

   17062507縞枯山

      オサバグサ(ケシ科オサバグサ属)が咲いていた。

13:49 茶臼山

     17062508縞枯山

14:00 茶臼山から下る

14:30 中小場 通過

      17062509縞枯山


14:48 大石峠

    17062510縞枯山

      10分程休憩し麦草峠へ向かう

15:13 茶水の森

     17062511縞枯山

15:17 麦草峠 着

    17062512縞枯山  

      麦草ヒュッテ

15:31 白駒池へ

16:08

   17062513縞枯山  

      霧に煙る白駒池

16:21 白駒池入口P

    17062514縞枯山

      バスに乗り込み温泉「子斉の湯」へ 入浴のあと 茅野駅へ

     皆さんの協力で無事下山し帰路に就くことができた。

     皆さんありがとう。途中で雨に降られたり、展望がなかったりしたが、

     山の花に出会え楽しむことができた。

     

     


        

     



北アルプス・八ヶ岳を望む 蓼科山

2017年06月24日(土)   天気;晴れ

 クラブツーリズム主催 日帰りで行く日本百名山 蓼科山

 参加者;男性7名、女性15名 計22名

07:00 スーパーあずさ1号 新宿発

    茅野駅からバスで蓼科7合目へ

10:12 7合目着 7合目周辺には

   17062401蓼科山

     レンゲツツジ(ツツジ科ツツジ属)があちこちに咲いている。

10:38 7合目 出発

11:26 小休止

   17062402蓼科山

     ケマルバスミレ(スミレ科スミレ属)

12:16 将軍平着

    17062403蓼科山

      ミネザクラがあったが、花は終わっていた。

12:31 発 山頂への登りにかかる

      途中にイワカガミなど見ながら行く

13:13 山頂直下に

   17062404蓼科山

     ミネザクラ(バラ科サクラ属) 別名;タカネザクラ

13:24 山頂到着

    17062405蓼科山  

      

    17062406蓼科山  

       山頂から八ヶ岳方面

13:48 山頂を後に下山にかかる

14:27~14:40 将軍平

15:58 7合目到着

    17062407蓼科山  

       全員無事に下山できた。皆さんありがとう。

      この時期は、蓼科山は花が少ないが、数種類の花を見ることができた。

 




          

富士急行線沿いのミニ縦走 文台山~尾崎山

2017年06月15日(木)     天気;晴れ

ルート;富士急 都留市駅=細野 御嶽神社…矢花山との鞍部…993m…文台山東峰…西峰…930m峰

            …尾崎山…800m点(かつて共同アンテナがあったと思われる)…古渡の天満宮…古瀬橋

            …富士急 東桂駅

メンバー;S田さん、N島さん、Y浦さん、Y倉さん、そして私。

08:15 富士急 都留市駅からタクシーで細野にある御嶽神社まで入る。

08:33  細野 御嶽神社 START

          17061501文台山

                 御嶽神社入口 この階段左側に

          17061502文台山  

                   この道標がある

                   神社の中に入っていくと

08:36  本殿横に

             17061503文台山  

                   この道標があり登山道が樹林の中に続いている

                   林道を幾度か渡り尾根の鞍部へと続く

09:02  矢花山との鞍部

             17061504文台山

                      文台山へと続く尾根道

09:32  993m峰手前の小ピーク

              17061505文台山

                  休憩を兼ねて地形図で現在位置確認

10:31  文台山 到着

         17061506文台山

           此処までは整備されたルート 此処から先は踏み跡が薄いが赤テープなどはかなりある。

           地形図とコンパスでルート確認をして下りに入ると

10:56   立派なプレートが文台山山頂を指している。

           17061507文台山

            前方 北東方向に顕著な尾根が続いている。ついそれに誘われて入ってしまう。

            少し下ると今まであったテープの目印が全然ない。顕著な尾根なので目印がない

           のかもしれないと思い、標高差40m程下ったがどうも様子がおかしい。西方向に

           尾根が1本見える、戻って確認する。よく見渡すと北西方向に目印が見える。赤

          テープを目指す。上から見ると幅広の急斜面を降っている。尾根っぽくないが、

          地形図に打ってあるポイント方向に向かっている。確信をもって下る。

12:07  895m峰手前の879m小ピーク

          17061508文台山

                  12時を回ったのでランチタイムとする。

12:31  尾崎山へ向かう

13:05  930m峰

           17061509文台山

                 尾崎山でもうすぐだ

13:30  尾崎山 山頂

                   17061510文台山  

                     ちいさな道標

        17061511文台山

          

           17061512文台山

                次回から自撮り棒を持って来よう。

           顕著な尾根上を降る。800m付近に共同アンテナを目指すが共同アンテナはない。

           古い記録には明記されているが今は撤去したものと思われる。

          地形図では、此処から北へ向かう尾根上にルートが付いている。が、現実のルートは

          西へ落ちる尾根上についている。目印にしたがって下る。

14:26  古渡の天満宮にでる。

           17061513文台山

               鳥居をくぐり

14:31

          17061514文台山

                舗装道路にでる。入り口を背に右への道を辿る。

                国道139号に出たところにローソンがある。東桂駅前にはお店はない。

                ローソンでアイスクリームや氷結を仕入れ駅へ。

15:02  富士急 東桂駅 GOAL

           17061515文台山

               15:53発の大月行きを氷結を飲みながら待つことにする。

          ルートファインディングをしながら歩く山は楽しい。今回も楽しませていただいた。

          みなさんありがとうございます。



プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる