スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初夏の高尾山へ

2017年06月03日(土)     天気;晴れ

    妻が日本語を教えているインド人(ドイツに本社がある某会社の社員)ファミリーを高尾山に

 案内することになった。

   6号路から山頂に行きケーブルで下山することにした。

09:37  琵琶滝

         17060301高尾山    

              川沿いに行く

10:33

              17060302高尾山  

                   サイハイラン(ラン科サイハイラン属)

               すぐ近くには

           17060303高尾山

                ホシザキイナモリソウ(アカネ科イナモリソウ属)

                初めて見た。

11:10    山頂到着

             17060304高尾山


                     17060305高尾山

 

            17060306高尾山

                 少し下がったところでランチタイム

12:32   薬王院のほうに少し下ったところで

             17060307高尾山

                  マルバウツギ(ユキノシタ科ウツギ属)

12:58   薬王院

              17060308高尾山

                   相変わらずにぎやかだ。

13:47  ケーブルの駅にて

             17060309高尾山

                        セッコク(ラン科セッコク属)

               ケーブルカーで下山。

     Nさんファミリーも楽しんでいました。  

               今日は、ホシザキイナモリソウやサイハイランに出逢え楽しませていただいた。

               チャンスをいただいたNに感謝です。       

  


奥秩父 千曲川の源流から甲武信ヶ岳へ、そしてシャクナゲの十文字峠

2017年05月30日(火)・31日(水)

30日(火)   天気;晴れ

  参加者;S田さん、N島さん、K澤さん、Y浦さん、そして私。

 ルート;毛木平…大山祇神社…ナメ滝…千曲川水源地点…主脈縦走路…甲武信ヶ岳…甲武信小屋

09:05  毛木平の駐車所に車を停める。

09:19  駐車場発

           17053001甲武信ヶ岳

                案内板の左側を入る。

09:22  道の左側に

           17053002甲武信ヶ岳

               ミヤマザクラ(バラ科サクラ属)が咲いていた

10:14

            17053003甲武信ヶ岳

10:51

           17053004甲武信ヶ岳

               葉の形から キバナノコマノツメだと思います。

11:32

           17053005甲武信ヶ岳

                ナメ滝

13:22

           17053006甲武信ヶ岳

                  千曲川水源地点

           17053007甲武信ヶ岳

                   今日は、水がわいていない。

14:12

           17053008甲武信ヶ岳

                   主脈縦走路に出た。

                    ここで、しゃがんだら不覚にも内転筋が攣ってしまった。しばらく休む。

15:54   甲武信ヶ岳山頂

           17053010甲武信ヶ岳

                    五郎山が見える

        17053011甲武信ヶ岳

               今回のメンバー

              17053012甲武信ヶ岳

                    自撮りで

16:24   甲武信小屋到着

               17053013甲武信ヶ岳

                  今日は、ここに泊まる      

31日(水)   天気;晴れ

ルート;甲武信小屋…三宝山…尻岩…武信白岩山…大山…十文字峠…乙女の森・カモシカ展望台

           …十文字峠…毛木平

05:34

        17053101十文字峠                小屋を後に、 昨日山頂を通過しているので今日は山頂巻道を行く。

05:51

            17053102十文字峠

                  縦走路に出る

05:56   縦走路の脇に

         17053103十文字峠

                 バイカオウレン(キンポウゲ科オウレン属)別名ゴエオウオウレン

06:38    三宝山 

         17053104十文字峠

07:58  尻岩

           17053105十文字峠

                縦走路は樹林の中につながっている

           17053106十文字峠

08:50   武信白岩山の基部

           17053107十文字峠

                山頂へは通行止めとなっている。

08:52 

           17053108十文字峠

09:15   縦走路右側の崖の上にに      17053109十文字峠

               アズマシャクナゲ(ツツジ科ツツジ属)

09:51  大山山頂

         17053110十文字峠


         17053111十文字峠


11:05  十文字小屋

           17053112十文字峠

                 小屋の脇に

            17053113十文字峠

               シロバナエンレイソウ(ユリ科エンレイソウ属) 別名ミヤマエンレイソウ

11:43   乙女の森へ

           17053114十文字峠

               乙女の森 アズマシャクナゲ の群落

             17053115十文字峠

                  アズマシャクナゲの蕾

             17053116十文字峠

                  カモシカ展望台のアズマシャクナゲ

12:18  十文字峠

            17053117十文字峠

                  此処から毛木平に降る

                 当初、十文字山からのぞき岩経由で営林道を降る予定でいたが今は廃道に

                なっているので十文字峠から直接降りることにした。

14:00  五里観音           

                17053118十文字峠

                     川上村の説明によると一里観音と書いてあるが。

14:09   道端には

              17053119十文字峠

                      シロバナノヘビイチゴ(バラ科オランダイチゴ属)

14:24   毛木平駐車場到着

              17053120十文字峠

                  アズマシャクナゲは、八分咲きぐらいだったがなかなか綺麗だった。

                  楽しめた。     


         

               



奥秩父 初夏の香り漂う 五郎山

2017年05月17日(水)   天気;曇りのち雨

岳遊倶楽部C.ibex 山行

ルート;八王子IC=長坂IC=川上村「町田市自然休暇村」…林道…五郎山登山口…マキヨセの頭

    …五郎山…往路下山…町田市自然休暇村=須玉IC=八王子

メンバー;A井さん、K頭さん、S田さん、N島さん、Y倉さん、私。

  町田市自然休暇村から林道を少し入った所に車を止める。

10:09 START

    17051701五郎山

      人数が多いので本日は、レンタカーで。

10:42 林道終点

    17051702五郎山   

      五郎山登山口 の標識

      ここから枝尾根の樹林の急登が始まる。上部の露岩帯を越え、樹林を抜けると

     マキヨセの頭の岩稜となり視界が一挙に広がる。ここの岩稜通過に阻まれ、メン

     バー2名がこの樹林を抜けたところに残ることとなった。

12:23 マキヨセの頭

    17051703五郎山  

       特に標識はない。 

    17051704五郎山

       奥秩父の主稜線にも雲がかかっている。残念!!

12:32 山頂下のコルにて

    17051705五郎山  

      ちょっと行動食を

     ここから山頂へのルートは、山頂直下の岩壁のバンドをトラバーススように

    ついている。

13:07 トラバースを終え岩壁を巻き込む山頂直下

  17051706五郎山  

    唐松の芽吹きが可愛い

13:10 そして

  17051707五郎山

    山頂へ

   17051708五郎山   

      たまには自撮りで

   往路を戻りマキヨセの頭で残ったメンバーとミート

15:11 無事登山口に戻る

   17051709五郎山

     少し前からポツポツと雨が来る

    林道を歩いていると雨粒の量が次第に増えてきた。

15:40 車に到着。

   今日は、全員で山頂に立つことができなかった事が悔やまれる。

   岩稜の通過等、メンタル的なものも大きな影響を及ぼす。足下がスパッと切れ落ち

   高度感もかなりある。やはり、練習して慣れる事しか無いと思う。一定の技術を身

   につけることで恐怖感を乗り越えていくしかないのだろう。     


西上州 春の檜峠から高反山へ

2017年05月02日(火)  天気;晴れ

メンバー;K澤さん、S島ご夫妻、N島さん、M本さん、Y浦さん、私の7名。

ルート;道の駅上野…檜峠…送電鉄塔…高反山…1050m付近…作業道…道の駅上野    

          道の駅上野に車を停めて

 09:32  START

            17050201高反山

                 高反山の山頂が見えている

                 先ずは、道路を渡って、ドックランを目指す。

09:50  途中

        17050202高反山

            ミツバツツジ(ツツジ科ツツジ属)が満開だ。

09:57  檜峠 到着

             17050203高反山

                 道標の「檜」部分が折れており峠の表示のみ

09:58

              17050204高反山

                    新緑の山道へと足を踏み入れる

10:18  足元には

         17050205高反山

              フデリンドウ(リンドウ科リンドウ属) がお出迎え

10:35  送電鉄塔に至る

            17050206高反山

               送電線巡視路の標識に従い尾根道を進むと林道に出る。

               林道を右に辿ると直ぐに出てくる尾根上を行く道に入る。

               少し上ると北方向へ山腹をトラバースる道が出てくる。尾根上を直登する道は薄い。

               トラバース道に入る。

11:29  北西方向に延びる枝尾根の上に出る

             17050207高反山

                 林の中の尾根道を辿る

12:03  林の中に

             17050208高反山

                  ミツバツツジの花が可憐だ

12:12  高反山 山頂着

              17050209高反山

                  ランチタイム

13:00  山頂出発

         17050210高反山

              本日のメンバー

          東方向に少し下ると岩峰に突き当たる。右側にロープがフィックスされている。

          ロープの末端から左へ山腹をトラバースする。尾根を回り込むと作業道に出る。

13:37  作業道を辿ると林道に出る

          17050211高反山

                道標に従い林道を降る

14:01  林道脇に

      17050212高反山

            ヤマツツジ(ツツジ科ツツジ属)

14:03  山腹を見上げると 

                  17050213高反山

                      桜が混ざっており綺麗だ

14:15

       17050214高反山

           オオツクバネウツギ(スイカズラ科ツクバネウツギ属)

14:42  大分下まで降りてきた

       17050215高反山

           アケビ(アケビ科アケビ属)

14:58  道の駅上野 GOAL

             17050216高反山

                 道の駅から短時間で登頂できるが、ルートファインディングも要求されるそれ

               なりに手ごたえのある山だ。

おまけ

           17050217高反山

                                  神流町 万場の鯉のぼり


奥多摩 笹尾根シリーズファイナル 浅間峠から生藤山

2017年04月20日(木)   天気;晴れ

岳遊倶楽部C.ibex 山行

   ルート;JR武蔵五日市駅=バス=上川乗…浅間峠…栗坂峠…851m圏…熊倉山…軍刀利神社元社

              …三国山…生藤山…三国山巻き道…931m圏…甘草水…佐野川峠…石楯尾神社前バス停

              =バス=JR上野原駅

   メンバー;Nさん、Kさん、Sさんご夫妻(ご主人、初参加) そして私の5名。

09:00発の数馬行きのバスに乗車。

09:44  上川乗バス停着

09:51  用意をして出発。

09:56   バス停から数馬方面へ少し行くと

          17042001生藤山

               上野原駅へ向かう道に入る。10分弱行くと左へと入る山道に出合う。

10:05  道端にイチリンソウかと思ったが

            17042002生藤山

                 ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)だと思う。

            葛󠄀折の山道を登っていくと

10:46    祠のある尾根の上に出る。

            17042003生藤山

               近くに

        17042004生藤山

             ナガバノスミレサイシン(スミレ科スミレ属)   登山道わきに多く生息している

11:28   浅間峠

            17042005生藤山

              ここまでは前回 土俵岳から降りてきた。ここからが今回の実質的なスタートだ。

11:51

                       17042006生藤山

                          芽吹きの林の中を行く

12:12    860m付近

                 17042007生藤山

                      関東ふれあいの道の道標

12:30  851m圏を少し下ったところでコヒーなど入れながら40分程ランチタイム。

           このあたりが、2000年4月発行のアルペンガイド(山渓)のp180の地図上に

           軍荼利神社元社と記載されている。これはミスプリだと思われる。昭和19年6月

           発行 宮内敏雄著「奥多摩」などいくつかの資料を見ても軍荼利神社元社は三国山

           の手前である。熊倉山より手前(浅間峠より)に在るのではいささかおかしい。

13:28   966m熊倉山(クマグラヤマ)

                17042008生藤山

                    ここを過ぎて少し行くと

13:41  登山道の左脇に

          17042009生藤山

              カタクリ(ユリ科カタクリ属) 発見。珍しい。

13:53   軍刀利神社元社

             17042010生藤山

             もともとここは、軍荼利山(グンダリヤマ)との名が付いており、

             軍荼利様(軍荼利明王)が祭ってあたようだ。いつのころか甲州側に下ろされて

             日本武尊と合祀され軍刀利神社(グンダリ神社)と名を変えたようである。

14:11  三国山

              17042011生藤山

                  その名の通り 相模・甲斐・武蔵の三国にまたがる。

14:20   990.3m生藤山山頂

        17042012生藤山

             本日も参加メンバー。

        17042013生藤山

            山頂のミツバツツジ(ツツジ科ツツジ属)もまだ八分咲きだ。

14:47  甘草水近くのヤマザクラ

        17042014生藤山

             未だ、4分咲ぐらいでしょうか。

             葉の新芽が赤いものや緑のものがある、種類が違うのだろうか?

         17042015生藤山

                こんなのや

        17042016生藤山

             こんなのも 科弁の形も微妙に違うような気がする。

14:52   ここから60m 程で

              17042017生藤山    

                    日本武尊伝説の「甘草水(カンゾウスイ)」

15:09  佐野川峠へ向かう道の左側に

        17042018生藤山   

                                       エイザンスミレ(スミレ科スミレ属)

16:02  石楯尾神社前バス停 到着

               17042019生藤山

                   上野原行きのバスは、16:40発。神社のトイレ(10円)を借りる。

                  春の花に出逢え楽しかった。画像に収めたもの以外にも多くあった。

              この笹尾根シリーズは、雪が多く予定通り歩けず雪のないときにリベンジしたり、

              天気の関係で延期したりと一筋縄ではいかなかったが、これで三頭山から和田峠

              (陣馬山下の)まで全てつながった。以前、市道山から醍醐丸への吊尾根も歩いた

              ので臼杵山から高尾山及び北高尾山稜とこの周辺のおもな尾根はつながったこと

              になる。一度に全てを歩くことができなくても、地形図上の線を少しずつつなげ

             ていくのも一つの山の楽しみ方である。

                 次のシリーズを考えなくてはネ。

         

           








プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。