GW・北ア 爺ヶ岳から鹿島槍

'09年05月05日(火)・06日(水)
5日 天気;曇り、稜線は霧のち雨
 4日穂高のお客様と別れ、鹿島槍のお客様と合流。松本駅前のホテル飯田屋泊。
5日朝6時に飯田屋を出発。扇沢へ。お客様は5名。今回私は、モンブラン登頂を希望されているYさんをマンツーマンで、本郷Gが残り4名様を担当した。Yさんは、雪山もアイゼンも初めてだったので、登る途中にアイゼンワーク等のレクチャーとロープでの安全確保を考えてのことである。
 予定ルートは、扇沢→柏原新道→尾根直登→爺ヶ岳南峰→冷池山荘(泊)→鹿島槍ピストン→爺ヶ岳→扇沢 であった。
 7:30 扇沢を出発。柏原新道を辿る。1時間15分位登ったところで右の藪に入って尾根の上に出るそこから尾根上を直登することになる。雪がないので藪がうるさい。Yさんは、かなりゆっくりとしたペースだ。2100m位から雪の上を歩くとになり、アイゼンを着ける。2300m位のところでアイゼンを外し夏道に上がる。12:15昼食をとりながら、モンブランなどの話をした。その中でYさんは、「自分のモンブランは、東大の記念受験みたいなもので、登頂はできなくても良い。途中まで行ったというだけでよい。技術や体力UPのためのトレーニングを頑張っても天候が悪く登頂できなかったら、努力が無駄になるから、トレーニングなども頑張りたくない。」と。そのようなYさんの考え方を聞いて私は、自分の山に対する思いとの大きな隔たりを感じると共に悲しさが込み上げてきた。また、モンブラン登頂を目差して努力をしている他の参加者との間にも溝ができチームとしてのまとまりが壊れてしまう危険を感じた。それからの私は、込み上げてくる悲しみを抑え努めて平静を装いながら冷池山荘を目差すことになる。13:40爺ヶ岳南峰着。稜線は、アイゼンを着けショートロープで。15:00冷池山荘着。小屋の前で本郷Gが出迎えてくれた。
 談話室で缶ビールに口を付けたとき、不覚にも涙が………。

6日 吹雪、下は雨
 朝、稜線は吹雪いてた。鹿島槍は、断念。さらなる天候の悪化を逃れなければならない。登ってきた道を戻ることにした。
 5:30冷池山荘発。2100m位まで下がってくると雨になり。扇沢に着く頃は、ずぶ濡れだった。
 Yさんには、クラツーのモンブラン登頂への参加は低調にお断りした。ガイドの指示も素直に受け入れてもらえないところもあるのは山に対する考え方から来るもなのだろうか。心が疲れた2日間だった。
 天気が悪かったので画像はありません。 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる