FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越後   ヒメサユリ咲く浅草岳へ

2018年07月01日(日) 前夜泊   天気;晴れ

ルート;ネズモチ平P…ネズモチ平登山口…慰霊碑…桜ゾネ広場…桜曽根…嘉平与ボッチ…前岳分岐

    …浅草岳…前岳…橅曽根…ネズモチ平登山口…ネズモチ平P

06月30日(土)  天気;曇り時々雨

        八王子駅南口からSTART 一路小出ICから大白川駅を目指す。

        長い関越トンネルを抜けると曇り空だった。黒又山大栃山線に沿って。走っていると

        時折雨粒が落ちてくる。明日はきっと晴れるだろう。天気図がそう言っている。

        本日の泊まりは白川駅近くの「民宿 休み場」である。

        ここは5年前守門岳に登ったとき、お世話になった民宿だ。山菜料理が美味しい。

        ご主人や女将さんも親切だ。

07月01日(日)  天気;晴れ

06:00  朝食

06:45  「民宿 休み場」START

07:10  ネズモチ平P 着

     18070101.jpg

       古いけど(セコハンなんで)新しい相棒デリカD:5。

07:19 いざ、浅草岳へ

    我々の先を行く団体さんをネズモチ平登山口で見送って少し行くと。

07:33

  18070102.jpg

    ホウチャクソウ(ユリ科チゴユリ属)

07:34

  18070103.jpg

    タニウツギ(スイカズラ科タニウツギ属)

07:36

  18070104.jpg  

   サワフタギ(ハイノキ科ハイノキ属)でしょう。

07:39

     18070105.jpg  

      ヤグルマソウ(ユキノシタ科ヤグルマソウ属)

07:40

     18070106.jpg  

       ミズキ〈水木〉(ミズキ科ミズキ属) 別名クルマミズキ でした。

       Y&Jさん 有り難うございます。 

08:05  桜ゾネ広場

    18070107.jpg

      10分 休憩

    途中 5分休憩

09:32  嘉平与ボッチの肩 着

     急登を終えて小休止

    18070108.jpg


    18070109.jpg

      守門岳 方面を望む

09:52

     18070110.jpg

    嘉平与ボッチ通過し一度降って、ヒメサユリなど見ながらの登りとなる

    前岳分岐を過ぎると雪渓が出て来る。雪渓にかかると新潟県防災ヘリが飛んでいる

    事故でもあったのだろうか。雪渓を登り切るとその直ぐ先でヘリがホバリングをしている。

    救助活動をするので待ての合図。少し先の木道でスリップでもしたのだろうか。骨折者が

    いるもよう。40分程待たされる。

    山頂直下のお花畑の中をゆるく登る。

11:11  山頂 着

     救助騒ぎの渋滞後だった為、山頂にはハイカーがあふれていた。記念写真は後にして

     ランチ&コーヒーブレイク

11:54  

   18070111.jpg

     ヒメサユリ(ユリ科ユリ属)

     そこで一句『風わたる 浅草岳や ヒメサユリ』 

12:00 山頂にて

   18070112.jpg  


     18070114.jpg  


     18070113.jpg

       前岳横の雪渓はこんな感じ

12:09

  18070115.jpg  

    ベニサラサドウダン(ツツジ科ドウダンツツジ属)

12:13

      18070116.jpg  

       トキソウ(ラン科ヒナラン属)

12:14

  18070117.jpg

   コバイケイソウ(ユリ科シュロソウ属) 今年は他の山でも期待できそうだ

12:30

    18070119.jpg

      橅曽根への分岐

    橅曽根は分岐から標高40mほど降ると急下降になる。登山道は、昨日降った雨の

    せいで抜かっており滑りやすい。

    途中13:20頃 5分小休止

14:10 白崩沢の源流を渡る。

    18070120.jpg  

     我々がしたように、他のパーティーの方々もここでブーツを洗っていく。

14:33  ネズモチ平登山口

    18070121.jpg

    ここからほんの少し桜ゾネ広場方向に少し戻ると白崩沢の流れが林道を越えている。

    そこで再びブーツの底を洗う。

14:49 ネズモチ平P GAUL

    18070122.jpg   

    心配した雷と夕立に遭うこともなく無事に下山できた。

    晴れたが少々蒸し暑かった。梅雨の晴れ間だからね。「梅雨が明けた。」と言うが

    私にはそうは思えない。前線が北に押し上げられていたがしっかり停滞していたで

    はないか。前線が消えたわけでもなく等圧線にクジラの尻尾ができていたわけでも

    なかったからね。たまたま小笠原気団の勢力が少し強くなっただけ。それで直ぐに

    勢力が落ちて台風が日本海に来てしまったではないか。それに雷様もまだ梅雨明け

    宣言をしていない。

    

 

         

    




          

        

        

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。