奥秩父 初夏の香り漂う 五郎山

2017年05月17日(水)   天気;曇りのち雨

岳遊倶楽部C.ibex 山行

ルート;八王子IC=長坂IC=川上村「町田市自然休暇村」…林道…五郎山登山口…マキヨセの頭

    …五郎山…往路下山…町田市自然休暇村=須玉IC=八王子

メンバー;A井さん、K頭さん、S田さん、N島さん、Y倉さん、私。

  町田市自然休暇村から林道を少し入った所に車を止める。

10:09 START

    17051701五郎山

      人数が多いので本日は、レンタカーで。

10:42 林道終点

    17051702五郎山   

      五郎山登山口 の標識

      ここから枝尾根の樹林の急登が始まる。上部の露岩帯を越え、樹林を抜けると

     マキヨセの頭の岩稜となり視界が一挙に広がる。ここの岩稜通過に阻まれ、メン

     バー2名がこの樹林を抜けたところに残ることとなった。

12:23 マキヨセの頭

    17051703五郎山  

       特に標識はない。 

    17051704五郎山

       奥秩父の主稜線にも雲がかかっている。残念!!

12:32 山頂下のコルにて

    17051705五郎山  

      ちょっと行動食を

     ここから山頂へのルートは、山頂直下の岩壁のバンドをトラバーススように

    ついている。

13:07 トラバースを終え岩壁を巻き込む山頂直下

  17051706五郎山  

    唐松の芽吹きが可愛い

13:10 そして

  17051707五郎山

    山頂へ

   17051708五郎山   

      たまには自撮りで

   往路を戻りマキヨセの頭で残ったメンバーとミート

15:11 無事登山口に戻る

   17051709五郎山

     少し前からポツポツと雨が来る

    林道を歩いていると雨粒の量が次第に増えてきた。

15:40 車に到着。

   今日は、全員で山頂に立つことができなかった事が悔やまれる。

   岩稜の通過等、メンタル的なものも大きな影響を及ぼす。足下がスパッと切れ落ち

   高度感もかなりある。やはり、練習して慣れる事しか無いと思う。一定の技術を身

   につけることで恐怖感を乗り越えていくしかないのだろう。     


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる