北アルプス 秋の涸沢カール Part1

2016年09月28日(水)~30日(金)

  「赤・黄・緑の錦絵巻 北アルプス屈指の紅葉名所涸沢カール」

 という長ーいタイトルの付いたツアーの始まりである。

  今シーズン4回連続の涸沢なのだ。

09月28日(水)  天気;雨  参加者数(男性5名、女性15名)

12:20 上高地バスターミナル到着。

    かなり激しく雨が降っている。下山してきた登山者の様子を見ると

   下着まで濡れているようだ。今日は、徳沢泊まりなので少し時間をお

   いて出発。

13:34 

    16092801涸沢

     少し小降りになった雨の河童橋。

14:25 明神 到着

  16092802涸沢   

    明神館前のズミ(バラ科リンゴ属) いつもと変わらない風景だ。

     ズミには、コリンゴ・コナシ・ミツバカイドウ等の別名がある。

  16092803涸沢      

    カンボク(スイカズラ科ガマズミ属)

  そして

  16092804涸沢    
    マユミ(ニシキギ科ニシキギ属)

15:28 徳沢園 到着。

    1度やんだ雨は夜半過ぎにまた激しく降りだした。

09月29日(木)  天気;雨のち曇り

    昨日からの激しい雨で涸沢へ行く途中の枝沢が増水し、通行困難との情報が

   徳沢園のオーナーから入る。

08:00 横尾で再度見当し、最終判断をすることにして出発。

09:03 横尾 到着。

    16092905涸沢

     登山相談所・横尾山荘・下山してきた登山者 等から情報を収集。大きな問題は

    なさそうである。名古屋のツアーを待ってから出発。

11:08 本谷橋

    16092906涸沢

      昨日からの雨で横尾谷も増水している。

13:40 涸沢ヒュッテ 到着。

    濡れものなどを乾燥室に入れ部屋で休息をとる。

     15時過ぎガスが切れてきた。

   16092907涸沢  

     青空も見え始める。

   16092908涸沢

     カールの全体も見え始める。今年は、黄色が多く赤が目立たない。

     明日に期待できそうだ。

     夜半過ぎにはきれいな星空も表れた。

09月30日(金) 快晴の朝がやってきた。

05:30 明るくなってきた。少しずつ赤みを帯びてくる。

05:44

   [広告] VPS

    待望のモルゲンロート。

05:48 そして

   16093012涸沢

     光る前穂高

08:16 本谷橋をすぎて

   16093009涸沢

      見上げる屏風岩 昨日はベールに包まれ幾筋かの滝が落ちていたが。

09:21 横尾から

   16093010涸沢    

       前穂高東壁

13:07 河童橋 到着。

    16093011涸沢

       西穂高から奥穂高も今日はよく見える。

     久し振りの晴天で、モルゲンロートも楽しむことができた。

    紅葉は今一であったが皆様から満足の声を聞くことができ良かったと思う。

    私は、皆様とお別れして関西のツアーの方々とミートすべくターミナルへ

    と急いだ。

     


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる