スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山岳ガイド資格検定

'10年09月06日(月)〜09日(木)
 山岳ガイド資格検定2次試験/無積雪期、岩場・岩稜でのルートガイディングを受験してきました。今回も剱・立山周辺で行われました。
 初日、06日は昼集合で、バスターミナルから御前小舎まで。到着後、ショートローピングにおける検定の視点の確認とチェック。自然物を利用しての確保(テレインビレー)の研修などをやった。
 2日目(07日):04:30startで源次郎尾根へ。受験生は10名、2人1組でガイド役とクライアント役を交代しながらの検定である。私は、広島から参加のNaさんと組んだ。Naさんは62歳、私とほぼ同い年。同年齢でのペアーという配慮でしょうか。最初、Naさんがガイド役、?峰への途中で交代し私がガイド役、?〜?峰を懸垂下降したところまでをNaさん、そこから剱山頂を経てカニのヨコバイでタテバイの取り付きへの懸垂下降までを私、以後Naさん。という具合。山頂へ向かう少し手前から本格的な雨になる。台風の接近によるものだ。その後、雨の降りは断続的に強くなる。台風は、富山直撃という感じの予報。
 3日目(08日):相変わらずの雨。台風に備えて、剱沢小屋から室堂山荘へ移動。途中、雷鳥沢キャンプ場付近で、沢の渡渉時におけるロープの張り込みの検定をする。午後も未だ雨が降っている。読図に関する検定、クライミングギアの強度に関する講義、懸垂のシステム構築、ロープ処理などの検定を小屋の中で行った。
 4日目(09日):台風は、関東の方へそれ、青空である。雲海が綺麗。午前中、龍王岳東尾根にて検定。Naさんが体調を崩してしまい。私は検定官の笹倉ガイドと組むことになった。「此処はこうした方がよい、こういった場合は……」等、いろいろとアドバイスを受けることができた。検定+講習会といった感じである。
 今回は、検定だけではなく、出来ていないところへのアドバイスや講習を含んだ形になっていたので、自分の弱点がよくわかり、次につなげることができると思う。
 ということで、いろいろ弱点を指摘して頂いたと言うことは、今回の検定も合格には至らないと思います。応援して頂いている皆様には本当に申し訳ない気持ちです。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。