上越のスラブ2題

'10年07月17日(土)・18日(日)
17日(土) 天気:晴のち夕方雷雨
飯士山
 都職山の会のメンバーと上越のスラブ登りに行った。MUROねー、武さん、私の3名は、前夜21時八王子集合で六日町奥の十字峡へ。登山センターで宿泊。朝、7時30分、高さんと石打IC入口で合流。登山口へ。ファースト石打スキー場方面への道を左に分けた林道入口にチェーンがあり車は入れない。そこからSTARTということになった。舗装された道を40分程行くと飯士山登山口の標識がある。10分程で負欠岩コースと尾根コースの分岐に出る。尾根コースに向かっていくと沢が出てくる。ハーネスを着けて沢に入り藪をかき分けかき分け登っていくと負欠岩の下にでた。ここは目差すスラブの中間当たりだ、もう一本先の沢に入らないとスラブの末端には出られない。
">
 今回はクライミングシューズで登ることにした。ロープを出して、MUROねーをショートロープで確保しながら進む。
">
">
">
">
 快適なスラブを弱点をついて登り詰めると登山道に出る。山頂まではあと一息だ。
">
">
 下山は、尾根コースを辿った。風もなくあまりの暑さにまいりました。ホント!!登山口の標識が近づいて来た頃から、雷と雨がポツポツと。舗装の林道に出て間もなく本格的な激しい雨となる。熱せられた舗装道路からは湯気が上がっている。凄い。
 その日、さくり温泉周辺は停電した。これで梅雨明けだ。
コースタイム:林道入口7:45、登山口8:25、沢入口8:59、負欠岩10:18、稜線12:20、山頂12:37/12:47、登山口14:07、林道入口14:30

18日(日) 天気:晴
裸山 
 裸山は、鬼ガ面山のふもと、大白川を過ぎ会津へ向かう六十里越えのトンネル手前の左側にある。茶色い岩肌をむき出したスラブが目立つ。
 裸山のくい込む桑原沢を渡り2つ目のカーブを左に入ったところが取り付きだ。大堰堤手前に車を止め、沢シューズに履き替えて沢に降りる。堰堤の上からスラブがよく見える。
">
     
堰堤の直ぐ上の左から流入する沢に入る。しばらくこの藪沢を詰めていくと目差すスラブの末端に出る。
">
スラブに出たところでクライミングシューズに履き替える。快適なスラブ登りが始まった。
">
 左の稜線に出るところは、少々傾斜がきついので大事を取ってロープを出す。
 稜線に上がるとシャクナゲなどの密生帯だ。藪こぎから開けたスラブを登ると程なく山頂である。
">
山頂は藪の中だ。
">
">
下山は山頂から北東方向にある吹峠に行きそこから桑原沢を下ることにした。当初、吹峠から地形図にある登山道を探しながら下る予定であったが、既に廃道と化し、道の痕跡さえ発見できなかった。吹峠まではもの凄い灌木こぎが待っていた。吹峠からは、整備された鉄塔の巡視路を辿り桑原沢に降りた。
">
少し時間はかかったものの大きな滝もなく桑原沢を下ることができた。
裸山は、スラブ登りは楽しいが灌木こぎには閉口した。おまけに暑さにもやられた。
コースタイム:堰堤手前の駐車スペース8:40、堰堤上8:50、スラブ取り付き9:23、稜線10:34/10:45、山頂11:35/11:45、鉄塔13:19/13:30、桑原沢下降、堰堤16:17、車16:25
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる