北八ヶ岳へ 縞枯山~白駒池

2017年06月25日(日)  天気;霧時々雨

  クラブツーリズム主催・日帰りで八ヶ岳を歩く

  参加者;男性3名、女性14名 計17名

07:30 あずさ3号にて茅野へ

11:09 ロープウエイ山頂駅着

    17062501縞枯山

      ガスに包まれた山頂駅前

11:30 出発

    坪庭に上がる道を左に分け少し行くと雨粒が落ちてくる。次第に大粒になってきたので

   縞枯山荘のところで雨具を着ける。

11:56 

    17062502縞枯山

      雨池峠

      途中でミヤマカタバミやオサバグサを見る

12:31 縞枯山 山頂着  霧と樹林で展望はない。

    17062503縞枯山


   17062504縞枯山  

     ミツバオウレン(キンポウゲ科オウレン属) 

   17062505縞枯山  

     マイヅルソウ(ユリ科マイヅルソウ属)は 未だ蕾だ。

12:44 山頂 発

13:02 縞枯山展望台

  17062506縞枯山

     残念ながら展望はない

13:12 展望台分岐に戻る

    ここからは下り、下りきって傾斜が落ちた木の下に

13:27

   17062507縞枯山

      オサバグサ(ケシ科オサバグサ属)が咲いていた。

13:49 茶臼山

     17062508縞枯山

14:00 茶臼山から下る

14:30 中小場 通過

      17062509縞枯山


14:48 大石峠

    17062510縞枯山

      10分程休憩し麦草峠へ向かう

15:13 茶水の森

     17062511縞枯山

15:17 麦草峠 着

    17062512縞枯山  

      麦草ヒュッテ

15:31 白駒池へ

16:08

   17062513縞枯山  

      霧に煙る白駒池

16:21 白駒池入口P

    17062514縞枯山

      バスに乗り込み温泉「子斉の湯」へ 入浴のあと 茅野駅へ

     皆さんの協力で無事下山し帰路に就くことができた。

     皆さんありがとう。途中で雨に降られたり、展望がなかったりしたが、

     山の花に出会え楽しむことができた。

     

     


        

     



スポンサーサイト

北アルプス・八ヶ岳を望む 蓼科山

2017年06月24日(土)   天気;晴れ

 クラブツーリズム主催 日帰りで行く日本百名山 蓼科山

 参加者;男性7名、女性15名 計22名

07:00 スーパーあずさ1号 新宿発

    茅野駅からバスで蓼科7合目へ

10:12 7合目着 7合目周辺には

   17062401蓼科山

     レンゲツツジ(ツツジ科ツツジ属)があちこちに咲いている。

10:38 7合目 出発

11:26 小休止

   17062402蓼科山

     ケマルバスミレ(スミレ科スミレ属)

12:16 将軍平着

    17062403蓼科山

      ミネザクラがあったが、花は終わっていた。

12:31 発 山頂への登りにかかる

      途中にイワカガミなど見ながら行く

13:13 山頂直下に

   17062404蓼科山

     ミネザクラ(バラ科サクラ属) 別名;タカネザクラ

13:24 山頂到着

    17062405蓼科山  

      

    17062406蓼科山  

       山頂から八ヶ岳方面

13:48 山頂を後に下山にかかる

14:27~14:40 将軍平

15:58 7合目到着

    17062407蓼科山  

       全員無事に下山できた。皆さんありがとう。

      この時期は、蓼科山は花が少ないが、数種類の花を見ることができた。

 




          

富士急行線沿いのミニ縦走 文台山~尾崎山

2017年06月15日(木)     天気;晴れ

ルート;富士急 都留市駅=細野 御嶽神社…矢花山との鞍部…993m…文台山東峰…西峰…930m峰

            …尾崎山…800m点(かつて共同アンテナがあったと思われる)…古渡の天満宮…古瀬橋

            …富士急 東桂駅

メンバー;S田さん、N島さん、Y浦さん、Y倉さん、そして私。

08:15 富士急 都留市駅からタクシーで細野にある御嶽神社まで入る。

08:33  細野 御嶽神社 START

          17061501文台山

                 御嶽神社入口 この階段左側に

          17061502文台山  

                   この道標がある

                   神社の中に入っていくと

08:36  本殿横に

             17061503文台山  

                   この道標があり登山道が樹林の中に続いている

                   林道を幾度か渡り尾根の鞍部へと続く

09:02  矢花山との鞍部

             17061504文台山

                      文台山へと続く尾根道

09:32  993m峰手前の小ピーク

              17061505文台山

                  休憩を兼ねて地形図で現在位置確認

10:31  文台山 到着

         17061506文台山

           此処までは整備されたルート 此処から先は踏み跡が薄いが赤テープなどはかなりある。

           地形図とコンパスでルート確認をして下りに入ると

10:56   立派なプレートが文台山山頂を指している。

           17061507文台山

            前方 北東方向に顕著な尾根が続いている。ついそれに誘われて入ってしまう。

            少し下ると今まであったテープの目印が全然ない。顕著な尾根なので目印がない

           のかもしれないと思い、標高差40m程下ったがどうも様子がおかしい。西方向に

           尾根が1本見える、戻って確認する。よく見渡すと北西方向に目印が見える。赤

          テープを目指す。上から見ると幅広の急斜面を降っている。尾根っぽくないが、

          地形図に打ってあるポイント方向に向かっている。確信をもって下る。

12:07  895m峰手前の879m小ピーク

          17061508文台山

                  12時を回ったのでランチタイムとする。

12:31  尾崎山へ向かう

13:05  930m峰

           17061509文台山

                 尾崎山でもうすぐだ

13:30  尾崎山 山頂

                   17061510文台山  

                     ちいさな道標

        17061511文台山

          

           17061512文台山

                次回から自撮り棒を持って来よう。

           顕著な尾根上を降る。800m付近に共同アンテナを目指すが共同アンテナはない。

           古い記録には明記されているが今は撤去したものと思われる。

          地形図では、此処から北へ向かう尾根上にルートが付いている。が、現実のルートは

          西へ落ちる尾根上についている。目印にしたがって下る。

14:26  古渡の天満宮にでる。

           17061513文台山

               鳥居をくぐり

14:31

          17061514文台山

                舗装道路にでる。入り口を背に右への道を辿る。

                国道139号に出たところにローソンがある。東桂駅前にはお店はない。

                ローソンでアイスクリームや氷結を仕入れ駅へ。

15:02  富士急 東桂駅 GOAL

           17061515文台山

               15:53発の大月行きを氷結を飲みながら待つことにする。

          ルートファインディングをしながら歩く山は楽しい。今回も楽しませていただいた。

          みなさんありがとうございます。



奥多摩 東京都の最高峰 雲取山へ、三峯神社から石尾根下山

2017年06月11日(日)・12日(月)

11日(日) 天気;晴れ時々曇り

   現在「雲取山」と表記するが、1944年(S19年)6月1日発行「宮内敏雄著『奥多摩』」

  によれば、「雲採山」と記載されている。(この雲採山の名は山岳修驗道華やかな時代、

  三峰山ー雲採(くもとりとのルビ有り)・白岩(しらいわ)・妙法(みょうほう)三山駆けの山伏 

  によって開かれたものに違ひあるまい。)の文章もある。かつては、現在と違った表記を

  していたのだ。「雲採」の方が自分は好きだ。

ルート;西武秩父駅=バス=三峯神社…霧藻ヶ峰…白岩山…芋ノ木ドッケ…大ダワ…雲取山荘(泊)

メンバー;K澤さん、S田さん、N島さん、Y浦さん、そして私

 武甲山周辺でトレイルランのレースが有り特急ちちぶ3号は意外と混雑していた。

 08:30発の三峯神社行きのバスに乗車。

09:58 三峯神社 START

   17061101雲取山

    バス停前の案内板

    17061102雲取山

      階段の登り口

     樹林の中の登山道を行く

11:44 地蔵峠

    17061103雲取山

     ここから霧藻ヶ峰への登り

11:50 ピーク手前

  17061104雲取山

    サラサドウダン(ツツジ科ドウダンツツジ属) 別名;フウリンツツジ

   直ぐに三角点のあるピークだが山名の標識はない

   降っていくと霧藻ヶ峰休憩所がある。

11:58 休憩所着

   17061105雲取山

     こんな所に山頂標識が、かなり違和感がある。

     ここは三角点から1段降りたところなのにナー。

12:28

    17061106雲取山


    17061107雲取山


13:20

    17061108雲取山


13:40  

    17061109雲取山   

 

    17061110雲取山   


14:43

   17061111雲取山

      ここまで来ると山荘までもうすぐだ

15:19 道ばたには

   17061112雲取山

    キバナノコマノツメ(スミレ科スミレ属)

  芋ノ木ドッケへの分岐の所に「芋ノ木ドッケ」の標識があるのはやはり違和感をぬぐえない

   大ダワを過ぎ女坂を順調に進む

16:25 雲取山荘 到着

    17061113雲取山

     宿泊の手続きをする。1泊2食 7800円 

       17061114雲取山

        記念品のサービス。今年の雲取山は、登山者が多い。

12日(月) 朝、ガスがかかり雨が降っていた。

ルート;雲取山荘…雲取山…七ツ石山…日影名栗峰…鷹ノ巣山…水根山…六ツ石山…奥多摩駅

04:47 START  長い1日の始まり。

  17061201雲取山  

    思いの外、ガスが濃い。

    山頂へ向かう階段を上ると大粒の雨が……。雨具を着ける。

    しかし、雨は直ぐにやむ。

05:32 山頂 到着

    17061202雲取山

       この標識は、東京・埼玉・山梨の三つの岳連合設置

   17061203雲取山

    この石の石の山頂標識は、東京都と埼玉県の合同での設置

    かつての木の標識は撤去されている。

    いよいよ石尾根の下山が始ま

05:54

       17061204雲取山  

            カラマツの雌花  露に濡れた新芽が美しい

06:06

        17061205雲取山

   トウゴクミツバツツジ(ツツジ科ツツジ属)

07:12 

            17061206雲取山

                霧にかすむヤマツツジ(ツツジ科ツツジ属)

07:32  七ツ石山山頂 到着

            17061207雲取山

                時折、日が差す天気になって来た

08:01  千本ツツジ 入口付近

              17061208雲取山

08:51    地味な山頂標識

              17061209雲取山

        山頂には                 

        17061210雲取山

             スミレ(スミレ科スミレ属)

             日当たりのよい尾根道にはワラビがたくさん生えていた。

09:32  鷹ノ巣山避難小屋

            17061211雲取山

                  ずいぶん立派な小屋になったね。

10:10  鷹ノ巣山山頂

       17061212雲取山

              本当に久しぶりの山頂、 そもそも石尾根を訪れたのが久々だからね。

10:23

             17061213雲取山

11:58  六ツ石山山頂 着

       17061214雲取山    

            順調に来ているので奥多摩駅には意外と早く着きそうだ。

13:30

            17061215雲取山      


14:23  林道に降りる

           17061216雲取山


           17061217雲取山

             此処からは、所々ショートカットは在るが大部分が舗装道路なので歩きにくい。

             近道を探しながら行く。

15:15  奥多摩駅 GOAL

                   17061218雲取山

          長い距離を皆さんよく頑張りました。長時間行動は初めての方も大変よく歩きました。

          雲があり展望は今一であったが、ツツジ等綺麗な歯にも出会えたこと。

          カラマツの雌花を皆さんに見てもらうことができたことなど、収穫もあった。

             着かれたけれど楽しかったという言葉は、大変にうれしい。





                 

          

     

    

 

        


中央沿線の山 前沢山から花咲山へ

2017年06月06日(火)  天気;晴れ

 吹切尾根の末端、小さな岩山へ

ルート;上真木バス停…老人ホーム…前沢山…花咲山…花咲峠…サス平…中央道の横…大月駅

メンバー;A井さん、K澤さん、M浦さん そして私。

  大月駅前から08:40発ハマイバ行きのバスに乗車。

09:05 上真木バス停 START

    17060601花咲山

      バス停前にある歴史の説明板の直ぐ右横の道に入る

09:13 道路の右脇に

  17060602花咲山

   スイカズラ(スカズラ科スイカズラ属) 別名;キンギンカ

 老人ホームの前を通り、道は右に大きくカーブしながら登っている。登り切って緩い下りになる。

 左側に緩く登っていく道を分ける。少し行くと右側から尾根がぶつかってくる。そこを入る。

 この入口を確定するのに少々手間取った。

09:45

   17060603花咲山

   踏み跡もない樹林に入る。少し進むと尾根をトラバースする薄い踏み跡が出て来る。

   小さな枝尾根の上に出る。そこを左に登る。前沢山への主稜の上に出る。

   右に尾根上を進む。

10:18 634m前沢山に達する。

 17060604花咲山  

   山頂標識もない樹林とヤブの山頂 (作って持ってくれば良かったナーと思った。)

11:05 花咲山へ向かう尾根道

  17060605花咲山

   所々風化した露岩が出ている。

11:35 751m花咲山の山頂に出る

  17060606花咲山

   花咲山へは、上真木の手前にある大月西小の所からのルートが整備されている。

  17060607花咲山

   ランチタイムにして

    17060608花咲山

      自撮りで   

12:11 山頂を後にする。ここから先は整備された明瞭な道を進む。

12:34 花咲峠

   17060609花咲山

12:41 ルート上に

   17060610花咲山  

    イチヤクソウ(イチヤクソウ科イチヤクソウ属)

12:54

    17060611花咲山

      サス平

13:00 610.1m三角点

    17060612花咲山  

      

13:05 

    17060613花咲山

      稜線から外れて右に降る。

13:44 高速道路の脇へと降る

          17060614花咲山

13:45 高速道路脇に降り立つ。

          17060615花咲山

    高速道路に沿って道路を浅利川方向へ、高速道路をくぐり川沿いの道に降りる。

    バス停がある道路に降り立ったら、左へ進みY字路を浅利川沿いの道に入る。

14:20 大月駅 GOAL

   17060614花咲山

  

   今回、前沢山への入口がわかりにくかったり、踏み跡が薄かったりでルートがわかり

  にくい面もあったが、それこそが山の楽しみでもある。  

       


       

     

       

    

 


  

    

初夏の高尾山へ

2017年06月03日(土)     天気;晴れ

    妻が日本語を教えているインド人(ドイツに本社がある某会社の社員)ファミリーを高尾山に

 案内することになった。

   6号路から山頂に行きケーブルで下山することにした。

09:37  琵琶滝

         17060301高尾山    

              川沿いに行く

10:33

              17060302高尾山  

                   サイハイラン(ラン科サイハイラン属)

               すぐ近くには

           17060303高尾山

                ホシザキイナモリソウ(アカネ科イナモリソウ属)

                初めて見た。

11:10    山頂到着

             17060304高尾山


                     17060305高尾山

 

            17060306高尾山

                 少し下がったところでランチタイム

12:32   薬王院のほうに少し下ったところで

             17060307高尾山

                  マルバウツギ(ユキノシタ科ウツギ属)

12:58   薬王院

              17060308高尾山

                   相変わらずにぎやかだ。

13:47  ケーブルの駅にて

             17060309高尾山

                        セッコク(ラン科セッコク属)

               ケーブルカーで下山。

     Nさんファミリーも楽しんでいました。  

               今日は、ホシザキイナモリソウやサイハイランに出逢え楽しませていただいた。

               チャンスをいただいたNに感謝です。       

  


プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる