神立日記Ⅹ

2017年04月29日(土)・30日(日)


  湯沢にも春の訪れは確実に来ている。

           17043001神立

             大源太川沿いの桜が満開だ。

神立高原スキー場は、まだ十分に滑れる。

          17043002神立

          29日は、シーズン中、神立スノーアカデミーに入校頂いたお客様とBBQ大会である。 

          シーズン中、皆様どうもありがとうございます。

         来シーズンもまたよろしくお願いいたします。 

         友人の居るパノラミック湯沢からの帰りに

      17043003神立  

       カタクリ(ユリ科カタクリ属)の花を見つけた。

       神立は、GWまで営業します。

  

スポンサーサイト

奥多摩 笹尾根シリーズファイナル 浅間峠から生藤山

2017年04月20日(木)   天気;晴れ

岳遊倶楽部C.ibex 山行

   ルート;JR武蔵五日市駅=バス=上川乗…浅間峠…栗坂峠…851m圏…熊倉山…軍刀利神社元社

              …三国山…生藤山…三国山巻き道…931m圏…甘草水…佐野川峠…石楯尾神社前バス停

              =バス=JR上野原駅

   メンバー;Nさん、Kさん、Sさんご夫妻(ご主人、初参加) そして私の5名。

09:00発の数馬行きのバスに乗車。

09:44  上川乗バス停着

09:51  用意をして出発。

09:56   バス停から数馬方面へ少し行くと

          17042001生藤山

               上野原駅へ向かう道に入る。10分弱行くと左へと入る山道に出合う。

10:05  道端にイチリンソウかと思ったが

            17042002生藤山

                 ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)だと思う。

            葛󠄀折の山道を登っていくと

10:46    祠のある尾根の上に出る。

            17042003生藤山

               近くに

        17042004生藤山

             ナガバノスミレサイシン(スミレ科スミレ属)   登山道わきに多く生息している

11:28   浅間峠

            17042005生藤山

              ここまでは前回 土俵岳から降りてきた。ここからが今回の実質的なスタートだ。

11:51

                       17042006生藤山

                          芽吹きの林の中を行く

12:12    860m付近

                 17042007生藤山

                      関東ふれあいの道の道標

12:30  851m圏を少し下ったところでコヒーなど入れながら40分程ランチタイム。

           このあたりが、2000年4月発行のアルペンガイド(山渓)のp180の地図上に

           軍荼利神社元社と記載されている。これはミスプリだと思われる。昭和19年6月

           発行 宮内敏雄著「奥多摩」などいくつかの資料を見ても軍荼利神社元社は三国山

           の手前である。熊倉山より手前(浅間峠より)に在るのではいささかおかしい。

13:28   966m熊倉山(クマグラヤマ)

                17042008生藤山

                    ここを過ぎて少し行くと

13:41  登山道の左脇に

          17042009生藤山

              カタクリ(ユリ科カタクリ属) 発見。珍しい。

13:53   軍刀利神社元社

             17042010生藤山

             もともとここは、軍荼利山(グンダリヤマ)との名が付いており、

             軍荼利様(軍荼利明王)が祭ってあたようだ。いつのころか甲州側に下ろされて

             日本武尊と合祀され軍刀利神社(グンダリ神社)と名を変えたようである。

14:11  三国山

              17042011生藤山

                  その名の通り 相模・甲斐・武蔵の三国にまたがる。

14:20   990.3m生藤山山頂

        17042012生藤山

             本日も参加メンバー。

        17042013生藤山

            山頂のミツバツツジ(ツツジ科ツツジ属)もまだ八分咲きだ。

14:47  甘草水近くのヤマザクラ

        17042014生藤山

             未だ、4分咲ぐらいでしょうか。

             葉の新芽が赤いものや緑のものがある、種類が違うのだろうか?

         17042015生藤山

                こんなのや

        17042016生藤山

             こんなのも 科弁の形も微妙に違うような気がする。

14:52   ここから60m 程で

              17042017生藤山    

                    日本武尊伝説の「甘草水(カンゾウスイ)」

15:09  佐野川峠へ向かう道の左側に

        17042018生藤山   

                                       エイザンスミレ(スミレ科スミレ属)

16:02  石楯尾神社前バス停 到着

               17042019生藤山

                   上野原行きのバスは、16:40発。神社のトイレ(10円)を借りる。

                  春の花に出逢え楽しかった。画像に収めたもの以外にも多くあった。

              この笹尾根シリーズは、雪が多く予定通り歩けず雪のないときにリベンジしたり、

              天気の関係で延期したりと一筋縄ではいかなかったが、これで三頭山から和田峠

              (陣馬山下の)まで全てつながった。以前、市道山から醍醐丸への吊尾根も歩いた

              ので臼杵山から高尾山及び北高尾山稜とこの周辺のおもな尾根はつながったこと

              になる。一度に全てを歩くことができなくても、地形図上の線を少しずつつなげ

             ていくのも一つの山の楽しみ方である。

                 次のシリーズを考えなくてはネ。

         

           








SIAフェスティバル 山岳安全講習会参加

2017年06日(木)~07日(金)


  今年のSIAフェスティバルは志賀高原で04月01日から行われていた。

 私は、各種研修会が行われる06日・07日での参加であった。

 山岳安全講習会は、雪崩対策がテーマである。

 06日(木) 晴れ

    午前;机上講習。

    午後;アメリカのデモチームのデモンストレーションを含め

       SIAデモンストレーション見学。

    [広告] VPS

       ボード・テレマーク・アルペンスキーによるデモ

      その後、タンネの森に移動して

         ①スノーピットを掘って積雪層の観察。

         ②コンプレッションテスト

         ③雪洞の堀方   等の講習

       17040601siaフェスタ

        コンプレッションテストの雪柱の作成

     17時からアメリカ講習会に参加。   

          

 07日(金) 雨のち晴れ

    午前;机上講習

    午後;雪上講習

      ①埋没者の掘り出し。V字コンベアベルトの実際。

      ②アバランチトランシーバーによる埋没者の捜索。

      ③転落者の引き上げ。1/3及び1/6のロープワーク。

       等  

    15:30 解散

    最近の新しい情報を含め、いろいろと参考になりました。

    今後に生かしていきたい。

    神立に移動。

08日・09日は、神立高原スキー場にて 神立スノーアカデミーのお仕事でした。


       

中央沿線の山 早春の御春山(オハンナヤマ)~網之上御前山(寺山)

2017年04月04日(火)     天気;快晴

    小さな岩稜とシュンランに会いに行く。桜も期待していたのだが……

    JR中央線 四方津駅で降り、08:34発犬目行きの場に乗る。

08:42  大野貯水池着。

         17040401御春山  

              準備をして

08:45  先ずは、ダムの堤防の上を通って展望台を目指す

         17040402御春山

          正面の斜面全体に桜が植えられてい。来週あたりには綺麗になっているだろうか。

08:56  展望台到着。

          17040403御春山

              東屋の横に道標がある。

09:20  460m圏

          17040404御春山

              暑いので上着を脱ぐ。

              少し下るとツツジが咲いていた。

09:30  山頂の少し手前で

       17040405御春山  

            タチツボスミレ(スミレ科スミレ属)

09:35  御春山(オハンナヤマ)山頂

      17040406御春山  

          しばし景色を楽しんで start

09:40

      17040407御春山

        アセビ(ツツジ科ツツジ属)

09:43 南米沢峠(ナメザワトウゲ)

   17040408御春山

     峠の馬頭観音さま

   17040409御春山  

     山の神様?

   17040410御春山    

      南米沢の集落へ下る道

10:08

  17040411御春山  

     ウグイスカグラ(スイカズラ科スイカズラ属)の蕾み

     「つる性ではないのでウグイスカズラではない、ウグイスの意味は、

      鶯の啼く時期と関係し、神楽は『鶯隠れ』が変化したとの説もある。」

10:19 綱之上御前山への分岐 

  17040413御春山      

     ダンコウバイ(クスノキ科クロモジ属)の雄花だろうか?

    ここから南への尾根に入る   

   17040412御春山

     正面に御前山を見ながら進む

    ピークへは、左の支尾に出て岩尾根伝いに登る。

10:48

     17040414御春山   

       岩尾根の上に出る。

     17040415御春山  

        岩稜を行く。

11:56  綱之上御前山(寺山)

   17040416御春山  

      山頂でランチタイム

11:37 山頂を後にする。

    41号送電鉄塔に直接向かう枝尾根に入るつもりでいたのだがルートを見失った。

11:57 小さな神社に出た。

    17040417御春山  

      此処からの下のルートは道幅広くなる

12:10  40号送電鉄塔に出た。

       17040420御春山  

         41号鉄塔まで巡視路を戻る。

12:24 41号送電鉄塔

     17040418御春山

       此処から南へ少し下ると

12:33

  17040419御春山

      シュンラン(ラン科シュンラン属)

12:51 40号雄鉄塔に戻る

12:54

  17040421御春山  

         フサザクラ(フサザクラ科フサザクラ属)  K.Aさん有難う?解消しました。

13:00

   17040422御春山  

     イカリソウ((メギ科イカリソウ属)

    駅へはガードを潜る

13:08

      17040423御春山    

        これもよくわからいなー????。

    17040424御春山   

      オオイヌノフグリ(ゴマノハグサ科)とヒメオドリコソウ(シソ科)

13:10 駅のすぐそばに

     17040425御春山    

       ホトケノザ(シソ科オドリコソウ属)

13:11 梁川駅到着

     17040426御春山      

   クラには少し早かったが、シュンランや春の花に出会え標高は低いが楽しい山行であった。

 おまけ

   今日、自宅近くで発見

   17040427ナガバノスミレサイシン

    ナガバノスミレサイシン(スミレ科スミレ属)


   

  

     

           

  



           

       







           

    

 

      

 

プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる