本白根山&四阿山

2016年9月24日(土)~25日(日)
 
  今回は、草津の本白根山と菅平の四阿山だ。お客様は22名。
24日(土)    本白根山へ
       天気;雨とガス
 
  東京を出る時から怪しげな空模様。草津に着く頃には雨が降り始めた。
11:30  白根火山ロープウエイ 山麓駅前の駐車場 到着
    雨が降っているのでバスの中でランチごロープウエイで山頂駅へ。
12:35
       
     
 
       白根火山ロープウエイ  山頂駅到着

12:40  
     
      
 
        こまくさリフト横から登山道に入る。
12:54   少し行くと
   
       
 
                      木道の登りになる。
          歩きながらのシャッターで手ブレですね。
13:08  火口入口
   
    
 
     ガスで何も見えない。
13:19   展望所分岐
     
           現在、火山ガスの関係で本白根山には登ることは叶わない。
13:24    本白根展望所
     
    
 
       展望所なのに、残念⁉️
13:31    鏡池へ
向け出発
13:56   鏡池
   
     
   
        何もみえませ~ん。
14:21
   
     
   
        富貴原ノ池分岐  通過
14:48   白根火山ロープウエイ 山頂駅
 
      雨とガスの中を無事一周。晴れていればなー。
 
     でも、こういう日もありますよね。

25日(日)
     菅平牧場から四阿山へ 
       天気;晴れ
07:48
 菅平牧場の駐車場からスタート  
    
   
     昨日と違って今日は良い天気だ。が、午後からは崩れる予報。
07:53
     16092512四阿山
08:13
     大明神沢 徒渉。昨日の雨で増水している。丸太の橋は壊れている。
09:22
    16092514四阿山
                     小四阿通過
09:33
  16092515四阿山
     
   マツムシソウ(マツムシソウ科マツムシソウ属)が未だ咲いていた。
                根子岳
10:11
   16092517四阿山
                 中四阿通過
10:40  里宮への分岐
        16092518四阿山
            ガンコウラン(ガンコウラン科ガンコウラン属)が実を着けている。美味しい。
11:21  四阿山山頂
             16092519四阿山

                   16092520四阿山
                         浅間山方面を望む
11:48  根子岳への分岐
             16092521四阿山
                  山頂は混雑していたので此処でランチ。
                 根子岳への樹林の急坂を下る。
12:50   四阿山と根子岳との鞍部
           16092523四阿山
     
            見上げた空に一筋の飛行機雲
                                16092522四阿山
                                        根子岳への登り
13:33  根子岳山頂
               16092525四阿山
                     青い空が美しい。
                16092524四阿山
                   振り返る四阿山には雲がかかっている。
13:43  下りにかかる。
15:06   駐車場も近い。
      16092526四阿山
          オヤマリンドウ(リンドウ科リンドウ属)
15:11  菅平牧場駐車場 到着
              16092527四阿山
 
                    午後から天気が崩れる予報が出ていたがなとか天気がもってくれた。
                  昨日と違って青空も見え展望もあり楽しむことができた。





スポンサーサイト

お彼岸 お中日

2016年09月22日(木)  天気;雨

    今日は、秋分の日で、お彼岸のお中日でもある。
    終日雨模様の天気だった。めずらしく家にいたので、父が好きだった
   お萩を作った。いつもあんこを煮過ぎて固くなってしまうので今日は
   少し柔らかめに仕上げたのだけれど、少し柔らかすぎたかな。
   成形がむずかしかった。 

  

南アルプス 雨の北岳

2016年09月17日(土)~19日(月)


09月17日(土)  天気;曇り

     男性5名、女性8名 計13名    TD;Yさん

     08:00 新宿発スパーあずさ5号で甲府へ。甲府からタクシーで広河原へ。

     明日からの天気が気がかりだ。天気予報は、決してよくない。

  本日の予定;広河原…白根御池小屋(泊)

11:00  広河原 着      ランチタイム

11:50

                16091701北岳

              北岳山頂に雲がかかっているが、御池小屋までは雨の心配はなさそうだ。

12:25  大樺沢分岐

13:10 

           16091702北岳 第1ベンチ

13:49

         16091703北岳 第2ベンチ


14:53  白根御池小屋 到着

            どうにか雨にやられずに済んだ。

         16091704北岳

               観音岳・赤抜沢ノ頭 ・高嶺が見えている。

         明日の予報は、風雨時々雨   12時頃から風速20m/s.

09月18日(日)  天気;雨 稜線に出ると風雨 

  本日の予定;御池小屋…草スベリ…小太郎尾根分岐…肩ノ小屋…北岳山頂ピストン

05:45  御池小屋 出発

          16091805北岳

            荒がひどくならないうちに、肩の小屋に着きたい。北岳登頂は、その時に

          判断しよう。

06:57

         16091806北岳

            草スベリのダケカンバの広場

    16091807北岳  

      時々雲が切れて 観音岳・地蔵岳が顔を見せてくれる。

07:40 右俣コース分岐

           16091808北岳

             相変わらずの天気だ。

08:04

             16091810北岳 小太郎尾根分岐


        16091809北岳

                     雲がなければ甲斐駒ケ岳が見えるはず。

          稜線に出ると、果たして風雨が激しい。

08:50

         16091811北岳

            肩ノ小屋 到着  ビールの気分じゃないけどね。

         ここに来るまでも時折かなりの風の歓迎を受ける。山頂はかなりひどいことに

        なっているだろう。これから益々天気は荒れる予報だ。明日の朝に登頂を変更

       することにした。早いけど今日は小屋に入ろう。濡れものを乾かしたり出来る

       だろう。

09月19日(月)  天気;小雨のち曇り

  今日の予定;肩ノ小屋…山頂往復…小太郎尾根分岐…右俣コース…二俣…大樺沢

                  …広河原=東京へ

   夜中に一時雨は上がったのだが、朝になるとガスと小雨が降っている。風はあるも

 のの昨日のように激しくはない。展望は望めないだろう。しかし、一瞬の雲の切れ間

 が来るかもしれない。

05:30  肩ノ小屋 出発

06:07

        16091912北岳

             ガスの北岳山頂

     16091913北岳

        山頂のタカネビランジも未だ頑張って咲いている。

06:51  肩ノ小屋 着

          16091914北岳

07:12  肩ノ小屋  出発

07:52  右俣コース分岐

   16091915北岳

        時折、雲が切れる。

08:26

         16091916北岳

           保護柵のある広場。(夏の早い時期にだと雪田があるところ)

        16091917北岳

          一瞬だけ観音岳・地蔵が顔をのぞかせる。

08:55  二股への途中

      16091918北岳

         リンドウ(リンドウ科リンドウ属)

09:20  二股

10:40

    16091920北岳 本流を渡る第1橋

         雨はほとんど上がったようだ、雨具の上は脱いだ。

        が、断続的に雨が降ってくる。

12:05

           16091921北岳

                                          大樺沢分岐

12:40

           16091922北岳

               広河原に到着。

      今回は、風雨にやられたが、山頂は踏むことができた。また、全員無事に事故もなく

   下山できたことを参加者の皆さんに感謝している。

     ありがとうございます。















  



      





















奥多摩 古の交易路 旧甲州道を行くⅡ 数馬峠~浅間嶺

2016年09月15日(木) 天気;曇り

ルート;JR武蔵五日市駅=バス=仲の平…1018m(稜線)…数馬峠…数馬分岐
    …猿岩…一本松(一本杉)930.2m…人里峠…浅間嶺903m…上川乗
    =バス=JR武蔵五日市駅
   前日の雨は一度上がったかに思われたが、明け方からまた降り出した。
  5時半頃かなり激しく降っていたが、予報では7時過ぎには雨は上がるようだ。
  天気図等を見ると予報通りと思われる。
  6時半頃家を出る時には、雨は上がっていた。
09:00 武蔵五日市駅前から数馬行きのバスに乗車。
10:15 仲の平 出発。バス停から30m程数馬方面に行くと、階段の所に古びた
    道標がある。何か、人の家に入ってしまうような錯覚すら覚える。
10:22
        16091501浅間嶺
         直ぐに急登が始まる。
         途中、コウヤボウキ等が花を付けていた。
11:29
       16091502浅間嶺
         稜線の1018m地点に到着。稜線に上がってしまえば
        緩やかなアップダウンのある山道となる。
   道端には
       16091503浅間嶺    
        オクモミジハグマ(キク科モミジハグマ属)
11:39
    カシワバハグマ(キク科コウヤボウキ属)
   等を見ながら行く。
12:05 数馬峠(藤原峠)通過
12:15 登山道が林道を横切る。ここでランチタイム。
   16091505浅間嶺   
    ゲンノショウコ(フウロソウ科フウロソウ属)
   16091506浅間嶺      
     紫色の花は、ツリフネソウ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)
     黄色の花は、キンミズヒキ(バラ科キンミズヒキ属)
13:00
  16091507浅間嶺 数馬分岐 通過
  数馬分岐には、ハギが花を付けており、その脇には
         馬頭観音が。古の古道にふさわしい。
13:11 サル石
    
   16091510浅間嶺      
     サルの手形を探してネ。
13:20
     クサボタン(キンポウゲ科センニンソウ属) だろうか?
13:39
       登山道(街道)は、巻いているが折角なのでピークへ。
13:52
  16091515浅間嶺 浅間石宮
   曾て富士山がよく見えた場所らしい。
            此処は、武田信玄の五女松姫が、兄の武田勝頼の
            冥福を祈ったところと言われている。
    その脇に
    16091514浅間嶺       
     キバナノアキギリ(シソ科アキギリ属)
14:21
        人里峠 
14:54
   16091517浅間嶺   
              浅間嶺
14:56
    16091518浅間嶺           
             浅間神社
15:03 浅間嶺休憩所にて
16091519浅間嶺
 今回は、サブガイドとして学生時代からの山仲間である赤荻Gが同行してくれた。
16091520浅間嶺  

   上川乗バス停へ向け下山。
16:16
   16091521浅間嶺 上川乗りバス停到着
   10分程で武蔵五日市行きのバスに乗ることができた。
 今日は、一日曇り空ではあったが雨に降られることもなく歩くことができた。
  本来なら風張峠まで結びたいところだが、今年2月18日に笹平バス停
 ~松生山('マツバエヤマ)~浅間嶺を歩いているので、浅間尾根の主要部分は
 歩いたことになるだろう。身近な所にある曾ての街道を歩いてみるのも
 趣があって良いと思う。わざわざ熊野まで行かなくてもネ。   
     
       
  


















北ア 鏡平~三俣蓮華~鷲羽~水晶~野口五郎~烏帽子~ブナ立尾根

2016年09月10日(土)~13日(火)


09月10日(土)  天気;晴れ

新穂高温泉~鏡平山荘

11:45  新穂高温泉START

12:57  わさび平小屋

14:23  秩父沢を渡る

                             16091001裏銀  

15:07  イタドリヶ原 通過

                16091002裏銀

15:38  シシウドヶ原 通過

                                         16091003裏銀

            鏡平に入ると槍ヶ岳方面は、残念ながら雲の中だった。

16:35  本隊、鏡平山荘着

           熊の踊り場を過ぎ、山荘まで30分ほどの地点で脚が攣った女性にTDが

         付き添って17時頃山荘に到着した。


09月11日(日)  天気;晴れ  東側の空には雲が多い。

05:37  鏡平山荘 出発

06:07  弓折分岐への登りの途中で

                16091104裏銀

                   東側の空には雲が多いが、槍ヶ岳の稜線はよく見えている。

                16091105裏銀

                   北穂・奥穂方面の空には、青空も見えている。

07:55

    16091106裏銀 双六小屋にて

              鷲羽岳を望む 

            16091107裏銀 

10:08  三俣峠

10:30  三俣蓮華岳 山頂

                 16091108裏銀

                         槍ヶ岳方面を望む

     16091109裏銀 薬師岳


                    16091110裏銀

                                                  鷲羽岳方面

           16091111裏銀

                                                 黒部五郎岳

11:30  三俣山荘   30分程ランチタイム

13:32  鷲羽岳

14:37  ワリモ北分岐

                   16091112裏銀

                        ウラシマツツジがもうこんなに紅い  秋は着実に来ている

15:30  水晶小屋 到着


09月12日(月)  天気;晴れ

05:00  水晶岳のピークを目指して水晶小屋 出発

05:37頃  朝陽が上がってくる

05:42  水晶岳 山頂到着

            16091213裏銀

                                  槍ヶ岳方面

            16091214裏銀

                           太陽も雲のベールに

                         16091215裏銀

                                南方向の空

07:05  烏帽子に向けて水晶小屋を出発

07:45  東沢乗越

09:15

        16091216裏銀 湯俣分岐


10:03   野口五郎山頂到着

              16091217裏銀

          三ツ岳を過ぎるころから稜線はガスに覆われる

13:30  烏帽子小屋到着

13:45  烏帽子岳に向けて 烏帽子岳を目指して出発

14:40  烏帽子岳山頂

                         16091218裏銀

                  途中で雨がポツポツときたりガスの中で残念ながら展望はきかず

15:42  烏帽子小屋 到着


9月13日(火)  天気;雨

          ブナ立尾根を下山

07:47  烏帽子小屋 雨の中を出発

                16091319裏銀

                   一頃よりは雨の勢いも少し衰えた。

08:48  小休止

            16091320裏銀

                                ゴゼンタチバナ(ミズキ科ゴゼンタチバナ属)

08:56

          16091321裏銀 三角点 通過

09:35  小休止

       16091322裏銀 登山口12~烏帽子小屋0の番号がある

10:18  権太落シ 通過

10:46   No.11 にて小休止

11:06

       16091323裏銀 登山口 通過

11:34   高瀬ダム 到着

        16091324裏銀

            雨はほぼ上がったようだ

           4日間の長い山旅の終わり。楽しい4日間だった。













        
















          

大菩薩 初秋の大菩薩嶺へ

2016年09月06日(火)    天気;晴れ時々霧


  ルート;上日川峠…福ちゃん荘…唐松尾根…雷岩…大菩薩嶺…雷岩…神戸岩…賽ノ河原

             …大菩薩峠…富士見山荘…福ちゃん荘…上日川峠

08:51

            16090601大菩薩

                ロッヂ長兵衛横の登山口

09:21

                16090602大菩薩

                                     福ちゃん荘

                  16090613大菩薩

                                 看板の前の鉢植え

10:28  唐松尾根を登っていくと

                    16090603大菩薩

                                  キツネ君がお出迎え。

10:44

                    16090604大菩薩

                          雷岩

11:01

  16090605大菩薩  

                                            大菩薩嶺

11:10   雷岩に戻って。ランチタイム。

           今回は、作って食べることに。

            メニュー;オニオンスープ・ベーコンとトマトのチーズ焼き・山の幸パエリア・コーヒー

12:43

    16090606大菩薩

     さっきまで、富士山が見えていたのだが。また、雲がかかってしまった。

12:47

    16090607大菩薩

       うーん! 雲が邪魔だね。

12:59 神部岩付近で 

      16090608大菩薩       

      ウメバチソウ(ユキノシタ科ウメバチソウ属)

      今の時期、花の種類は少ない

13:02

      16090609大菩薩  

        神部岩からの下りで

13:19

     16090610大菩薩  

      賽ノ河原 避難小屋

13:27 振り返ると

     16090611大菩薩    

      富士見新道の上部の岩場が見えている

13:41

   16090612大菩薩  

    大菩薩峠 介山荘前

14:32 福ちゃん荘横で

  16090614大菩薩    

   キツリフネ(ツリフネソウ科ツリフネソウ属)

15:06 上日川峠に戻ってきた。

     16090615大菩薩

      カメバヒキオコシ(シソ科ヤマハッカ属)

  今日は、時間にゆとりがあったので、作ってゆっくりとランチタイムを

 取ることができた。たまにはいいと思う。

  それも山の楽しみの1つ。

  

 














ベースキャンプ

2016年09月03日(土)


 この日、山の会で沢登入門講座を企画していた。

が、天気が今一不安定である。結局今回も中止にした。

何時ものメンバーでベースキャンプへ。

       16090301ベースキャンプ

 今日の課題は、

     ①肘を伸ばす。出来るだけ肘を曲げている時間を少なくすること。

       必ず、一度肘を伸ばしてから足を動かす。肘を伸ばして膝を曲げる。

     ②まず、易しいルートでリードの練習。正しいクリップを。

                        16090302ベースキャンプ

                          リードするS勢君。

   


    


プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる