台湾クライミング

'11年10月19日(水)〜22日(土)

台湾・台北周辺のクライミングに行ってきました。メンバーは、本郷ガイド、Fさんご夫妻、K玉さん、私です。
 龍洞は、台湾随一のフリークライミングエリアです。龍洞海岸に1km以上続くシークリフ。スケールも大きく気持ちの良いクライミングが楽しめました。
19日:東京から台北への移動で終わりです。とりあえずホテル近くのレストランで夕食です。
20日:少し雨模様。とりあえず龍洞海岸へ行こうということで,電車・バスを乗り継いで龍洞湾海岸公園バス停で下車。

バス停から海岸へ

海岸に沿って右手の方向へ

入り口の岩場で。雨は上がっており、砂岩なのでフリクションも効いて登りやすい。

その隣の、高い岩です。Fさん。

K玉さん

F婦人

雨が降ってきたので、2時ごろ帰ることにした。バス停に行ったが、バスはなかなか来ない。

21日:朝からひどい雨です。大砲岩へ行く予定でしたが断念。室内のクライミングジムを探したが、予約が必要だったり営業が夕方5時からだったりでうまくいかない。結局食べ歩きました。

台北で有名な小龍包のお店。ディンタイホン。で、ホテルに戻って、休憩後。夕食へ。

全然クライミングをやらないというのでは面白くありません。夕食前に台北駅近くの登山用品店「登山友」の小さな壁で本郷ガイドの作った課題をみんなでやりました。

F婦人。

22日:本日は、日本へ帰るだけです。午前中TAIPEI101でショッピング。そして空港へ

飛行機を待っている間。また、食べてます。さっきも食べたばかりなのになー。
スポンサーサイト

八ヶ岳 稲子岳南壁 左カンテルート

'11年10月17日(月)

メンバー:本郷ガイド・K宮さん・K玉さん・私
16日にホテルルートイン佐久に宿泊。
17日;06:10 ホテル発。
   07:35 林道入り口ゲート近くっ比較の駐車スペースに車を止め、出発。
      本日、天気晴れ、稜線は風が強いとの予報である。

   07:46 みどり池への旧道に入る 樹林の中の道は穏やか。

   08:42 みどり池 さかさ稲子岳

   10:00 左カンテルート取り付き 着

   11:04 2P目を登るK宮さん

   11:26 2P目終了点の皆さん 3P目終了点からの俯瞰。

   4P目のガレた稜線から振り返ると唐松の黄葉が美しい
 上に来ると風が強く寒い、「写真なんか撮ってないで、速く登れー!」の声。

   12:40 最終ピッチ K宮さん

      続いて K玉さん
   12:45 登攀終了

   13:00 下山

奥多摩 本仁田山 NHK学園アウトドア講座

'11年10月13日(木)

 NHK学園アウトドア講座「山登り入門」。今月から参加者が少し増え、今日は11名。上空には雲がかかり天気は今一ですが、歩くにはちょうど良い。
 鳩ノ巣駅 8:55 スタート。
 大根ノ山ノ神 9:50/9:55  時々地形図で現在位置を確認など地図読みの学習を交えながら登ります。
本仁田山山頂 11:55 着



 12:30 山頂出発

下山は、花折戸尾根。先日の台風の影響と思われる折れた枝や木の葉が樹林の中に多くある。登山道が薄くなっている。登山道を少し掃除しながら下りました。
 15:25 鳩ノ巣駅着。  

北ア 餓鬼岳

'11年10月08日(土)・09(日)

餓鬼岳に登ってきました。
メンバー: 本郷ガイド・K宮さんご夫妻・Y口さん・K玉さんそして私。
連休でが餓鬼岳なら多少は登山のお客様も少ないだろうと思っていましたが、予想は外れ、大変な混雑でした。白沢三股の駐車スペースも車で一杯でした。
7:50 三股出発。

 8:47 魚止ノ滝 
 沢筋に付けられた登山道にはハシゴや桟道が多くかけられ険しい。

 10:50 大凪山通過 K玉さん

 13:15 餓鬼岳小屋着 荷物を置いて山頂へ

 13:29 山頂から立山方面の望む  天気がよいので展望がきく
 小屋の戻ると、続々と登山客が登って来る。今夜は大変な事になるだろう。小屋が狭いので食事の交代では、外に出ているという具合。陽が落ちれば寒さは厳しい。完全に小屋の許容範囲を超えている。なおかつ、小屋の対応もきわめて悪い。そして夜も

 足の踏み場もない 辛い夜になる。

 朝は、4:30には朝食の準備があるので起こされる。外に出ると寒い。寝不足や体調不良いろいろあり、中房温泉に下る計画であったが、予定を変更し三股へ下山。

 

ストマジ練習会

'11年10月06日(木)

今日もいつものEさん、K村絹さんとストマジで練習会です。本当にいつも熱心に練習されているお二人です。
13:20から始めて18:00頃までやりました。


日和田クライミング

'11年10月04日(火)

久しぶりに日和田に行きました。
今日は、Wさんと2人きりです。天気も良く穏やかで、楽しく登ることが出来ました。岩場もすいておりましたが女岩には先客があったので男岩で登りました。

  松の木ハングにトライ Wさん

八ヶ岳 稲子岳南壁左カンテルート

'11年10月01日(土)・02日(日)

メンバー:本郷ガイド・Yさん・Sさん・K島さん・私
01日;稲子湯に車を止めてミドリ池まで。先日の台風で道が崩れたため旧道を行く。しらびそ小屋泊。
02日;南壁へのアプローチは、中山峠への道を15分ぐらい進んだところの右側に赤テープが2本巻かれた木(ダケカンバ?)がある。これが入り口。しかし、先日の台風のためか踏み跡はない。所々、木に巻かれた赤テープだけが頼り。
壁に突き当たってから左へ回り込んだところに取り付きがある。
多くはないがそれなりに登られているルートなのでまずまず快適に登ることが出来た。しかし、浮き石などには充分な注意が必要。
天気は良かったものの風が強く、岩場では大変寒い思いをした。
 カメラをザックの雨蓋に入れたままだったので画像は有りません。残念。
プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる