北ア 唐松岳〜祖母谷温泉

'11年08月27日(土)・28日(日)

27日;今回のメンバーは、K島さんと私だけである。朝6:30にK島宅を出発。夏休み最後の土曜日なので高速道路も混んでいる。八方尾根のゴンドラ乗り場に着いたのは11時頃だった。下は晴れているが稜線には雲がかかっている。ゴンドラ・リフトと乗り継いで八方池山荘に着くと案の定ガスがかかっている。8月の始めと違って花の種類が少ないが、ツリガネニンジン・マツムシソウ・シモツケソウ・タカネニガナ・マルバダケブキ・キキョウ・コゴメグサ等々まだまだ我々の目を楽しませてくれる。
唐松岳頂上山荘前に荷物を置いて山頂を往復する。

  山頂 14:32

  山荘付近にて トウヤクリンドウ  コマクサも未だ咲いていた。

  暮れゆく剣岳 18:36 18時過ぎガスが切れて剱が見えた 明日は晴れるだろう。
28日;朝4:50山荘発。4:30頃ガスがかかっていたが風のためか視界が開けた。下っていく正面には剣岳から立山がよく見える。6:50大黒鉱山跡手前の水場分岐着。

   7:17 餓鬼山への途中から剣岳  餓鬼山周辺はママコナが大変多い  

   8:17 餓鬼山山頂から不帰方面を望む

   9:50 南越峠(餓鬼ノ田圃とあるがこれは間違え)

   10:58 南越沢に降り立つ

   12:03 祖母谷温泉着
 地元のガイドさん達の手によって登山道の草刈りがしてあり8月の始めの時と違って大変歩きやすい状態になっていた。
   12:35 欅平着

   トロッコ電車で宇奈月へ そして、魚津・糸魚川経由で八方尾根のゴンドラ乗り場駐車場まで車の回収です。
 駐車場に着いたのは18時頃でした。
  

  
  
スポンサーサイト

日原鍾乳洞 見学

'11年08月24日(水)

 本日も孫の玲ちゃん・晴君が我が家に来ています。家に居るだけではつまりません。何処か涼しいところに行こう。と言うことで、鍾乳洞見学となったのです。

 年間を通して中は、11℃。入り口付近は風があり寒いぐらいです。洞内はかなり広々としており、人が歩く所は全長800m程有るそうである。

 鍾乳石
 道が混んでおり往きは3時間近くもかかってしまった。現地でも駐車場に入るのに少し待たされました。夏休み中なので家族連れも多く、岐阜や沼津ナンバーの車などもあり日本各地(少々大げさ)から見学に来ているのですね。

マッターホルンアタック隊出発・K玉さんモンブラン登頂おめでとう

'11年08月22日(月)

 今日、夜の便でマッターホルンアタック隊「K宮ご夫妻、K村啓さん、O島さんそして本郷ガイド」の皆さんが成田より出発しました。現地時間で8月20日15:50、めでたくモンブラン(4810m)登頂を果たしたK玉さんはツェルマットで合流です。
 K玉さんのモンブラン登頂は皆さんのマッターホルン登頂への大きな弾みになると思います。皆様の成功をお祈りしております。



  成田空港 8/22 21:00

 皆さん行ってらしゃーい。

クライミングジム fits

'11年08月21日(日)

 我が家から2.5km程鶴川駅方向に行った所の金井入り口近くに、今年4月、クライミングジムFITSがオープンした。

  入り口はこんな感じ(7/5撮影)

  メインの壁(7/5撮影)

  孫の玲ちゃん・晴君(7/5撮影)



  アーチのようになっている所や(7/5撮影)

  ぐるぐる回れる前傾壁などがある(7/5撮影)

  メインの壁の115°(7/5撮影)

今日10時半頃行ってみた。雨が降っているのにお客は私だけ。11時過ぎになって2人現れた。
6級4本、110°の20手10a1本、115°の20手10c1本、5級5本、4級(足限)1本トライ
グレードはストマジより少し辛い感じです。
12時半頃お腹も空いたので終了しました。

PENTAX Optio WG-1 GPS

'11年08月20日(土)

 自宅から車で10分ぐらいの所にK's電気がある。
数年前から門柱に設置してあるインターホンの具合が悪い。そこで、モニター付のものと交換すべくK's電気に行ったのだが。帰り際、出入り口付近にあるカメラ売り場を視ると。ユニークなデザインのPENTAXが目に入った。そう言えば「山渓」に出ていた奴に似ているなと。近づいて視てみた。

10m防水(2時間連続水中撮影可)、1.5m耐衝撃性能、防塵性能、レンズ保護ガラスに撥水コーティング、GPS付等々、山で使うにはとても具合がよさそう。他にも1cmまで接写可能。小さな花などを撮るのに便利そう。デジタル顕微鏡モードなどというものも付いている。撮影した画像を魚拓風に仕上げるという魚拓フィルターなどというものまである。いろいろ遊べる機能がたくさんある。アラーム機能も付いているので目覚ましにもなります。
 「アー、これ良いなー。山で使ってみたいなー。」と、思わず呟いてしまった。そしたら「いいわよ。プレゼントしましょうかー。」って、妻が。特価を更に5%引きにしてくれるので3万円を切った価格になるのです。
 と、言うわけで、妻からプレゼントして頂きました。超ー嬉しいでーす。久美子さん、有難うございます。感謝でーす。

富山で宴会?

'11年08月16日(火)〜18日(木)

16日;雨の中を上がってきたI東さん・K島さんと剣山荘で合流。6人で乾杯。
 明日からの天気は思わしくない。17日午後から雨、18日大荒れの予報。遅くまで断続的な激しい雨が降っていた。岩が濡れていると北方稜線は危険。明日は天気を視ながら雄山経由で龍王岳東尾根へ行くことにした。
17日;4:30出発の予定で起きてはみたものの、濃いガスと風、時折雨がぱらついている。しばらく様子を見る。時々雨がぱらついているが、ガスが薄くなった5:40頃小屋を出発。別山乗越へ向かう途中雨具を付ける。降ったり止んだりを繰り返す。これでは龍王もダメです。別山乗越から室堂へ下ることにしたが、これから何をしましょう?お盆でクライミングジムも閉店。取り敢えず富山に降りて残念会ですかねー。立山駅に向かう途中でも断続的な激しい雨が降る。下に降りると曇り空で雨は降っていない。
 お昼は、富山インター近くの「すし玉」で美味しいお寿司をかなり食べました。此処は映画「岳」の小栗旬さんも訪れたことのあるお店なのです。
 1時少し前にマンテンホテルにチェックイン。シャワーを浴びて夜に備える。最上階には展望大浴場ですが入浴は午後5時からなのです。4時過ぎに本郷ガイドとあゆみちゃんをお迎えに行き、途中好日山荘でお買い物。

    KEENのサンダルや

    AIRMONTEの折り畳み傘や 「ディンティスーパースモール 全長48cm、収納時14.7cm 145g」 
    サイズをダックスのカラビナと比べてみて下さい。

    GRANITE GEARのエアトート 等をお買い上げ。

 6時少し前に富山城址公園近くの「海の神山の神」というお店で乾杯。6時40分ごろ智子さんとひかり君が加わり大変賑やかな宴会になったのであります。
18日;ゆっくりと7時30分から朝食を取り、8:30ホテルを出発。糸魚川経由でIさん・Kさんの車を扇沢で回収。扇沢までは富山から2時間半ほどでした。途中でわさび漬けやスイカなどを買いながら。東京へと帰って参りました。
 今年は夏らしくない天気が続いていますね。何か梅雨がずっと続いているような感じです。この蒸し暑さも梅雨の晴れ間のような感覚にさせられます。

北ア 長次郎谷右俣〜剣岳本峰

'11年08月15日(月)・16日(火)

メンバー:O島さん・K村啓さん・本郷ガイド・飯嶋
15日;前日、富山泊。何時も通り立山駅手前のアルペン村で本郷ガイドと合流。全員で室堂へ向かう。
 稜線に少し雲がかかってはいるものの天気はまずまずです。本日は真砂沢ロッジ泊です。ターミナルからは地獄谷経由で別山乗越〜真砂沢と、いつものルート。3時間05分位で、13時頃には真砂沢着。2時過ぎから断続的に激しい雨となり21時過ぎまで続きました。明日は晴の予報です。夜中には明るい月が顔を見せてくれました。
16日;4時過ぎ真砂沢ロッジSTART。月明かりはあるものの稜線にはガスがかかっている。長次郎谷を登り、?峰Cフェースを目差す。情報によると熊ノ岩にかなりのテントが有るということだ。Cフェースが混雑しなければよいと思いつつ高度を稼ぐ。実は、この日我々はCフェース剣稜会ルートから八ツ峰上半そして剱本峰という計画でした。
 Cフェースに着くと4人パーティーが登攀準備中です。が、彼らのいる場所は、はRCCルートの取り付きです。『アー、良かった。』と、思いつつ我々も登攀準備にかかる。間もなく上から「ビレー解除!」の声。『かなりスピードのあるパーティーだな』と、見上げた目の先に。なっ、何と剣稜会1P目の左上するバンドの途中にいるではないか。何故あんな所でビレーしているの?仕方がないので取り付きをしばらく待つことにした。様子を見ていると次は、凹角入り口でビレーをしている。通常1Pの所を彼らは3Pで登ろうというのか?しかも4人で。これでは何時になったら上に抜けられるか判らない。??のコルに戻って上半を目差すにしてもかなりの人数が登っていた。渋滞になまることは必至。時刻は6時半をまわっている。「仕方がない、右俣から行こう!」と本郷ガイド。ロープを外し右俣へ。右俣の下2/3はガレが出ている。しばらくはガレ上の踏み跡を辿る。雪渓が出たところでロープを付け雪の上を左岸へ渡る。この辺りの雪渓は何カ所も切れている。左岸を少し上り雪渓に戻る。30m程登ると池ノ谷乗越直下である。休憩後本峰へ向かう。ガスがかかって見通しが良くない。「支尾根入り込まないよう注意しろ!」と本郷ガイド。岩も濡れているのでゆっくりとルートを確認しながら進む。


 9:40 剣岳山頂着。別山尾根下降。
12時には剣山荘到着。13時過ぎから雨がぱらつき始め、14時頃土砂降りに。明日から北方稜線に行くI東さん・K島さんが此方へ向かってる、きっと降られていることだろう。15時頃I東さん・K島さん到着。

ストマジ 練習会

'11年08月11日(木)

13時からストマジで自主トレーニング会でした。いつも参加のK村絹さん・EさんそしてK玉さんが途中参加ということで4人で楽しく登りました。しかし、熱中症になりそうなぐらいメッチャ暑かったです。猛暑の中、広瀬ガイドもお客様といらしておりました。

  Eさん

  K村さん
 アルパインタワーで、5.9〜10a・10c中心にやり、最後11aに挑戦して18時過ぎに終わりました。汗だくでした。

北ア 剣岳〜北方稜線〜仙人池

'11年08月08日(月)〜10日(水)

メンバー:K村啓さん・O島さん・K玉さん・本郷ガイド・飯嶋
08日:室堂で雨がポツポツと。今回も雨なのか。みくりが池の当たりで雨がひどくなり温泉で雨宿り。しばらくすると雨も上がり剣山荘へ。

  18:59 剣山荘から 明日は晴れ
09日:03:45 剣山荘出発。06:15 剱山頂。

  08:09 池ノ谷乗越手前のピークから本峰を望む

  08:31 池ノ谷乗越から長次郎谷
 そして、順調に三ノ窓から小窓ノ王南壁基部を回り込み、途中アイゼンを着け雪渓を越える。

  11:00 小窓着

  これから下る小窓雪渓 傾斜はあまり強くないのでアイゼン無しで下る。雪渓の上に茶色く岩の押し出しが見える。その辺りに旧鉱山道への入り口がある。旧鉱山道はかなり荒れている。展望台から池ノ平までは整備され安定したトラバース道となってる。14時頃仙人池着。

   15:33 仙人池からの剱八ツ峰
10日:03:40 ヘッドランプを付け仙人池出発。 

  05:35二俣着、二俣から見上げたガスのたなびく三ノ窓
 07時少し前に真砂沢ロッジ着。どん兵衛きつねうどんを食べ室堂を目差す。K村啓さんが剣山荘に忘れ物をしたというので私と二人は剣山荘経由で行くことに。
 12:00 室堂ターミナル着。

  13:13 黒部ダム通過。
 今回、久々の晴天に恵まれ楽しい山行となった。

  

北ア 龍王岳東尾根・雨が……

'11年08月06日(土)・07日(日)

 当初の予定では剣岳本峰南壁でした。06日扇沢につくと雨が降り出し、雨脚は次第に激しさを増しました。Sさん・K玉さんはすっかり戦意喪失。正に水を掛けられた、という感じです。室堂で本郷ガイドと合流。室堂でも雨が降り出し、今後どうするかを相談した結果、富山へ下山し、市内のクライミングジムへ。明日、龍王岳東尾根に予定変更です。
 07日、龍王岳に向かいましたが、稜線には雲がかかっています。
東尾根を少し登り始めると雨がポツポツと。雨具を着たり脱いだりしていると、雨脚が強くなり、雷雨です。中間点当たりでやむなく登攀中止。室堂へ戻りました。
 先週から雨にやられっぱなしです。そんなわけで今回、画像もありません。
プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる