ストーンマジック

'09年06月30日(火) 天気;曇り時々雨
 本日は午前中に、整骨院で腕に電気をかけてもらいました。特に左手が強く握ると痛みがあったりするのです。多少オーバーユースなのでしょう、ケアが必要です。痛いからとただ休んでいたのでは、クライミングは上達しません。午後、1人でストマジへ。腕にあまり負担がかからないようにと自分にとって少し易しめのグレードでムーブを確認をしながらボルダリングを2時間半ぐらいやってきました。
腕の調子はまあまあです。
スポンサーサイト

ストーンマジック

'09年06月21日(日) 天気;雨
 今日も、ストーンマジックです。小川山の予定でしたが、あいにくの雨。梅雨なので仕方在りません。お客様は2名です。11時に着くと案の定駐車場も空きが少なく、中も人が大勢。リード壁にトップロープを張って登りました。お昼を挟んで夕方まで練習しました。

谷川岳・衝立岩中央稜


            …………… 核心部を抜けるTさん ……………

'09年06月20日(土) 天気;曇り
 前夜22:30に八王子駅集合で谷川岳一ノ倉の駐車場へ。お客様2名と本郷ガイドと共に烏帽子南稜の予定だ。駐車場に着くと霧雨。
 朝4時、駐車場はガスが濃い。様子を見ながら7時過ぎ、取付きへ向かう。ガスはかかっているが天気はまあまあ。テールリッジを登ったところで、南稜を見ると先行パーティーがかなり居る。混雑の少ない中央稜に変更。
 思いのほか岩は乾いており快適なクライミングを楽しむことが出来た。38年ぶりの中央稜、感慨深いものがありました。
 

日和田&ストーンマジック

'09年06月18日(木) 天気;曇り時々雨
 入間の方は、昨夜大分雨が降ったようだ。道路が濡れています。曇り空の下。日和田へ。女岩で上からロープを張って、下に下りてみると女岩西面はかなり濡れている。クラックに手を入れるとヌルッとします。右ルートだけ登って、マルチピッチにおける基礎技術、脱出法などの講習をやりました。その後、男岩南面「クラック」を使って2ピッチに分けて、マルチの練習です。先ほどから降ったりやんだりしていた雨粒が大きくなったので。そこで日和田は終了となりました。
 夜は、「本郷組クライミングスクール」ということでストマジで実技と机上講習でした。本日も22時近くまでまで皆さんよく頑張りました。

黒山・聖人岩

'09年06月17日(水) 天気:曇り
 本日は、「湯川クラックトレーニング」という企画でしたが、昨日も雨のため、クラックは濡れているでしょう。そこで、黒川・聖人岩(石灰岩)へ変更です。
 たわしと雑巾でクリーニングしながらのチャレンジです。
 痒い霜焼け・蟹もどき・おっとりマミちゃん・ダイエット・シェイク等にチャレンジ。かなり手強いものもありました。

ストーンマジック

'09年06月16日(火) 雨時々曇り
 日和田の予定でしたが、雨のため13時からストーンマジックに変更です。17時30分頃までやりました。私は、11a挑戦しましたが完登ならず。残念です。もっと練習しないとネ。

平石尾根から本仁田山

'09年06月14日(日) 天気;曇り時々雨
 少々寝不足です。鶴川駅05:55発の新宿行きに乗り込む。本日は、クラブツーリズム「山旅学校・本仁田山(平石尾根から花折戸尾根下降」の2回目である。お客様は13名。雨を心配していたが、曇り空ではあるが時々薄日が差す天気だ。前回と同じペースで順調に登った。山頂近くになって陽は差しているのだが時々雨がぱらつくようになった。狐の嫁入りだ。山頂に着くと雨脚が強くなった。ランチを早めに切り上げ、下山に取りかかる。雨具を来てみたが10分も下ると雨脚は弱くなり樹林の中なので濡れる心配はない。雨具を脱ぐ。下っていく内に雨も上がってきた。順調に下って、14:50には鳩ノ巣駅に着いた。
 今回は、ツツジも終わっており花が少なかったが、新緑を充分楽しめた。

三ツ峠

'09年06月13日(土) 天気;曇りときどき晴
 お客様4名と本郷ガイドと共に、一ノ倉中央稜に行く予定でしたが、谷川方面は、雨との予報なので三ツ峠へ変更です。
 峠は相変わらず賑わっておりました。先ず、中央カンテへ。先行パーティーは2人組が1パーティーだけなのですぐに行けると思っていたのですが………。その先行パーティーが左側のルートに取り付いていたのでその右側から取り付き第1バンドへ上がる。KさんとEさんを迎え、少し待った。先行パーティーのセカンドのすぐ後に左上ランペを登る。クラック下のテラスでそのパーティーのセカンドさんがリードで登り始めたが、一向に進まない。確保支点が他にあるわけでは無いので、こちらの確保支点のセットをしばし待つことにした。10分程待ったろうか、KさんとEさんは未だ第1バンド待機中である。それを追い越して何処かの年配クライマーが登ってきた。ひどいことに私がセットしたヌンチャクに自分のロープをかけてリードしてきたのである。おまけに何の挨拶もなく、先行パーティーが使っている支点に自分の確保支点を作り始める始末である。全く信じられない、有り得ない不作法というか何というか。非常識きわまりないヒドイ人だ!! さらに15分ぐらい待ってやっと先行パーティーのリードがクラック上のテラスに着いて、セカンドのフォローの体制が整ったようだ。そこで失礼させて頂いて、確保支点を作り、KさんとEさんを迎えた。私がクラックを抜けて上のテラスに着くと先行パーティーさんは懸垂の準備をしていた。我々は、左側のルートを辿って終了点まで上がった。2回の懸垂で下まで。ランチの後、巨人ルートを2ピッチ登って本日終了。帰る途中、渋滞を避けがてら、バーミヤン河口湖店で8時頃まで反省会。私はノンアルコールで。いろいろあって家に着いたのは12時頃でした。

富士山


                …………… 富士山頂にて ……………

'09年06月12日(金) 天気;晴
 お客様2名と本郷ガイドと共に富士山へ。今回は、7月末に行くモンブランへ向け、高度順応が目的です。前日、富士吉田のビジネスホテルに宿泊し朝6時に5合目をスタート。ゆっくりと登り、8合目当たりからアイゼンを着け、12時半頃山頂に到着。下降は、吉田大沢を尻セードで。標高差約1000mを30分ほどで下りました。一寸汚れていたカッパ(パンツ)が雪できれいになりました。天気は良かったのですが、山頂付近では結構風が強く寒いぐらいでした。

霞沢岳


              …………… 徳本峠からの穂高 ……………

'09年06月09日(火)・10日(水) 天気;両日とも晴
 お客様4名と本郷Gと共に徳本峠から霞沢岳を目差しました。09日上高地から徳本峠へ。久々のテントということで、ザックが肩にくい込みます。峠には水がないので、途中の沢で水を9ℓ積み込む。更にズシッと来ました。
 夜、たいして飲んでもいないのにアルコールがやけに回ってしまい、みんなより一足先に眠ったのですが、何か皆様・特に本郷Gには多大な迷惑をおかけしたようで、申し訳ございませんでした。○○がうるさく眠れなかったとか。
 10日霞沢岳へ。ジャンクションピークまでは順調でした。そこから先は藪に行く手を阻まれ、大変でした。かなり頑張ったのですが、K1手前の鞍部に下降する所当たりから引き返しました。 
プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる