奥多摩 笹尾根シリーズファイナル 浅間峠から生藤山

2017年04月20日(木)   天気;晴れ

岳遊倶楽部C.ibex 山行

   ルート;JR武蔵五日市駅=バス=上川乗…浅間峠…栗坂峠…851m圏…熊倉山…軍刀利神社元社

              …三国山…生藤山…三国山巻き道…931m圏…甘草水…佐野川峠…石楯尾神社前バス停

              =バス=JR上野原駅

   メンバー;Nさん、Kさん、Sさんご夫妻(ご主人、初参加) そして私の5名。

09:00発の数馬行きのバスに乗車。

09:44  上川乗バス停着

09:51  用意をして出発。

09:56   バス停から数馬方面へ少し行くと

          17042001生藤山

               上野原駅へ向かう道に入る。10分弱行くと左へと入る山道に出合う。

10:05  道端にイチリンソウかと思ったが

            17042002生藤山

                 ニリンソウ(キンポウゲ科イチリンソウ属)だと思う。

            葛󠄀折の山道を登っていくと

10:46    祠のある尾根の上に出る。

            17042003生藤山

               近くに

        17042004生藤山

             ナガバノスミレサイシン(スミレ科スミレ属)   登山道わきに多く生息している

11:28   浅間峠

            17042005生藤山

              ここまでは前回 土俵岳から降りてきた。ここからが今回の実質的なスタートだ。

11:51

                       17042006生藤山

                          芽吹きの林の中を行く

12:12    860m付近

                 17042007生藤山

                      関東ふれあいの道の道標

12:30  851m圏を少し下ったところでコヒーなど入れながら40分程ランチタイム。

           このあたりが、2000年4月発行のアルペンガイド(山渓)のp180の地図上に

           軍荼利神社元社と記載されている。これはミスプリだと思われる。昭和19年6月

           発行 宮内敏雄著「奥多摩」などいくつかの資料を見ても軍荼利神社元社は三国山

           の手前である。熊倉山より手前(浅間峠より)に在るのではいささかおかしい。

13:28   966m熊倉山(クマグラヤマ)

                17042008生藤山

                    ここを過ぎて少し行くと

13:41  登山道の左脇に

          17042009生藤山

              カタクリ(ユリ科カタクリ属) 発見。珍しい。

13:53   軍刀利神社元社

             17042010生藤山

             もともとここは、軍荼利山(グンダリヤマ)との名が付いており、

             軍荼利様(軍荼利明王)が祭ってあたようだ。いつのころか甲州側に下ろされて

             日本武尊と合祀され軍刀利神社(グンダリ神社)と名を変えたようである。

14:11  三国山

              17042011生藤山

                  その名の通り 相模・甲斐・武蔵の三国にまたがる。

14:20   990.3m生藤山山頂

        17042012生藤山

             本日も参加メンバー。

        17042013生藤山

            山頂のミツバツツジ(ツツジ科ツツジ属)もまだ八分咲きだ。

14:47  甘草水近くのヤマザクラ

        17042014生藤山

             未だ、4分咲ぐらいでしょうか。

             葉の新芽が赤いものや緑のものがある、種類が違うのだろうか?

         17042015生藤山

                こんなのや

        17042016生藤山

             こんなのも 科弁の形も微妙に違うような気がする。

14:52   ここから60m 程で

              17042017生藤山    

                    日本武尊伝説の「甘草水(カンゾウスイ)」

15:09  佐野川峠へ向かう道の左側に

        17042018生藤山   

                                       エイザンスミレ(スミレ科スミレ属)

16:02  石楯尾神社前バス停 到着

               17042019生藤山

                   上野原行きのバスは、16:40発。神社のトイレ(10円)を借りる。

                  春の花に出逢え楽しかった。画像に収めたもの以外にも多くあった。

              この笹尾根シリーズは、雪が多く予定通り歩けず雪のないときにリベンジしたり、

              天気の関係で延期したりと一筋縄ではいかなかったが、これで三頭山から和田峠

              (陣馬山下の)まで全てつながった。以前、市道山から醍醐丸への吊尾根も歩いた

              ので臼杵山から高尾山及び北高尾山稜とこの周辺のおもな尾根はつながったこと

              になる。一度に全てを歩くことができなくても、地形図上の線を少しずつつなげ

             ていくのも一つの山の楽しみ方である。

                 次のシリーズを考えなくてはネ。

         

           








スポンサーサイト

北関東 春まだ浅い尾出山から高原山へ

2017年03月31日(金)   天気;曇り

    春まだ浅い永野の里奥にひっそりとそびえる鋭鋒、尾出山。そんな言葉がよく似合う。

  永野川に沿った県道199号線沿いには未だ梅の花が満開だった。

06:40  八王子駅南口 スタート。

          圏央道から東北道、栃木インターで降りる。

09:20    寺沢林道の林道大間田原線出合に車を置いて出発。 

        17033101尾出山  

             本日のメンバー

09:45

             17033102尾出山

                   道端の水たまりには、カエルの卵が。

10:05  林道終点 二股

             17033103尾出山

                 左の谷沿いの道に入る。

                 今日は、曇っていて風は少々冷たいが歩きやすい。

10:50  峠の嶽の越

                      17033104尾出山  

                         珍しく尾出山から降りてきた地元のハイカーと出会う。

11:34  尾出山山頂着。

       17033105尾出山

           ランチタイムとする。

            17033106尾出山

12:03  山頂を後にする。下りは慎重に。       

12:33   再び

            17033107尾出山                 

                 嶽の越に

12:55  825m峰

           17033108尾出山

                山名があった。

13:55   高原山山頂

       17033109尾出山

             

14:19  185号鉄塔

               17033110尾出山

          そのすぐ近くに在る

               17033111尾出山

                 黄色い杭にしたがって送電線管理用の巡視路に入る。   

14:52  186号鉄塔

          17033112尾出山  

              北に延びる枝尾根を降る。

              途中から左の枝沢に降りる予定であったが踏み跡が薄く急な尾根通しに

              そのまま降る。寺沢林道に直接降り立つ。

15:41  林道に上がるところに可愛い花が。

           17033113尾出山

                   ハナネコノメ(ユキノシタ科ネコノメソウ属)の

           赤い雄しべの葯が落ちてしまったものと思われる。

15:52  無事に車に戻った。

           17033114尾出山

                落ち着いた静かな山歩きを楽しむことができた。

       いい山は、何度来ても楽しい、その時々で様々な顔を見せてくれる。 


            






         

甲府盆地を一望する山梨百名山 兜山(913m)

2017年01月10日(火)    天気;晴れ


ルート;JR八王子駅南口=登山口駐車場…岩場…兜山…最高点…車道出合…登山口駐車場

           =八王子駅南口

            一ノ宮御坂ICでおりて、春日居GCを目指していく。

08:45  駐車場 スタート

           17011001兜山   

                駐車場のところにある案内板。

08:58  岩場コースへの分岐

           17011002兜山

               一昨日降った雪が薄く積もっている。

09:12

            17011003兜山

                 樹林の急登を行く

09:42   しばらく行くと岩場に出る。

            17011004兜山

                 岩場の際を右にルートをとる。鎖場が続く。

10:02   鎖場を抜け、少し行くと傾斜が落ちる。

             17011005兜山

                  雪の積もった尾根を進む。

10:20   兜山山頂

                    17011006兜山  

                        真新しい道標が。

      17011007兜山

                 本日のメンバー  この3名と私

               山頂から南へ少し行ったところに展望台がある

          17011008兜山

                冬の穏やかな陽光を受け富士山が輝いていた

10:45  山頂を後に最高地点へ向かう

11:00

           17011009兜山

                  尾根上を行く

11:12    最高地点

        17011010兜山

              ルートは、左側を降る

              970mぐらいまで下ってから、北西方向の尾根上を進む

11:36   900m地点  尾根の鞍部

            17011011兜山

                    此処でランチタイム

12:21

     17011012兜山

            此処から南西方向の枝尾根上を降る

12:45   林道に出る

             17011013兜山

                   739m地点   南東方向に降る

13:11   駐車場に戻って来た

              17011014兜山

                 東屋の前にあるもう一つの案内板

               今日は、天気も良く風もなかったので楽しくゆっくりと歩くことができた。

               雪があり一寸雪山気分も味わうことができた。誰にも会うことがなく静かな山を

               楽しんだ。

           


          




奥武蔵 北風吹き抜ける二子山~武川岳

2017年01月05日(木)      天気;晴れ 風あり 

    ルート;芦ヶ久保駅…稜線の鞍部…二子山…焼山…蔦岩山…武川岳…前武川岳…天狗岩

              …名郷バス停=バス=飯能駅

  今日はよく晴れたが、冬型の気圧配置だ。北風が冷たい。

08:46  芦ヶ久保駅前START

         17010501武川岳

                駅を出て左に行くと立派な道標がある。

10:07  稜線の鞍部

        17010502武川岳

              案の定、稜線に出ると北風が強い

10:38   二子山雌岳

           17010503武川岳  

                写真を撮って雄岳へ

10:54   二子山雄岳

            17010504武川岳

                一寸失敗、逆光で真っ黒に

11:43  焼山

          17010505武川岳  

                  武甲山が良く見える

     17010506武川岳  

            風が強すぎて山頂に当たった風が上に抜け意外と風がない。

           少々時間をとってパンなどを食す。

12:49  蔦岩山

           17010507武川岳   

13:28   武川岳

           17010508武川岳     


     17010509武川岳  

           山頂は樹林、展望は今一   

13:52  山頂を後に

14:05  前武川岳

           17010510武川岳

              山伏峠へのルートと別れ天狗岩方面に向かう

14:40   天狗岩

           17010511武川岳

               女坂を降る

15:32  舗装された林道に出る

                    17010512武川岳

                       名郷からのバスの発車時刻まで余裕がある。15分程休憩。

                       のんびりと名郷へ向かう。

16:24   名郷バス停 到着

            17010513武川岳

             強い北風の中を皆さんよく歩きました。冬は、樹林の葉が落ちるので展望もよい。

            少しロングな縦走を楽しむことができた。みなさん有難う!!


奥多摩 笹尾根を行くPartⅡ「丸山~土俵岳~浅間峠」

2016年11月17日(木)    天気;晴れ

     今年の1月に同ルートをトライしたのだが、思いのほかラッセルが厳しく小ゆずり峠

   迄しか達することができなかった。今回は、そのリベンジという訳である。

    ルート; 武蔵五日市駅=bus=笛吹入口バス停…丸山…小ゆずり峠…土俵岳…日原峠…

               浅間峠…上川乗バス停=bus=武蔵五日市駅

09:59    笛吹入口バス停   START.

            16111701丸山~土俵岳

10:45   769m付近 衣類調節

11:12   伐採地から樹林に入る所から

       16111702丸山~土俵岳

                    御前山・大岳山方面

       16111703丸山~土俵岳

                      大岳山・御岳山方向

11:18   笛吹峠分岐

              16111704丸山~土俵岳

              

11:47   丸山山頂 到着

        16111705丸山~土俵岳

              38分程ランチタイム  12:25山頂を後にする。

12:48

              16111706丸山~土俵岳

                    小ゆずり峠

13:26

        16111708丸山~土俵岳

                    土俵岳

        16111707丸山~土俵岳

                    土俵岳山頂から御前山方向

13:51

            16111709丸山~土俵岳

                    日原峠

           16111711丸山~土俵岳

                  歩いてきた道を振り返る

                16111710丸山~土俵岳

                   道の中央にある石仏前に リンドウ(リンドウ科リンドウ属)が

14:48   浅間峠 着

             16111712丸山~土俵岳  

                    峠には東屋がある。

              16111713丸山~土俵岳

                     明治時代に建てられた石の道標

14:58   上川乗バス停に向けて峠を降る。バスは、16:26発。ゆっくりと降る。

16:04   上川乗バス停 到着。

            今日は、誰にも会わず、静かな秋の1日をゆっくりと楽しむことができた。



  

プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる