越後   ヒメサユリ咲く浅草岳へ

2018年07月01日(日) 前夜泊   天気;晴れ

ルート;ネズモチ平P…ネズモチ平登山口…慰霊碑…桜ゾネ広場…桜曽根…嘉平与ボッチ…前岳分岐

    …浅草岳…前岳…橅曽根…ネズモチ平登山口…ネズモチ平P

06月30日(土)  天気;曇り時々雨

        八王子駅南口からSTART 一路小出ICから大白川駅を目指す。

        長い関越トンネルを抜けると曇り空だった。黒又山大栃山線に沿って。走っていると

        時折雨粒が落ちてくる。明日はきっと晴れるだろう。天気図がそう言っている。

        本日の泊まりは白川駅近くの「民宿 休み場」である。

        ここは5年前守門岳に登ったとき、お世話になった民宿だ。山菜料理が美味しい。

        ご主人や女将さんも親切だ。

07月01日(日)  天気;晴れ

06:00  朝食

06:45  「民宿 休み場」START

07:10  ネズモチ平P 着

     18070101.jpg

       古いけど(セコハンなんで)新しい相棒デリカD:5。

07:19 いざ、浅草岳へ

    我々の先を行く団体さんをネズモチ平登山口で見送って少し行くと。

07:33

  18070102.jpg

    ホウチャクソウ(ユリ科チゴユリ属)

07:34

  18070103.jpg

    タニウツギ(スイカズラ科タニウツギ属)

07:36

  18070104.jpg  

   サワフタギ(ハイノキ科ハイノキ属)でしょう。

07:39

     18070105.jpg  

      ヤグルマソウ(ユキノシタ科ヤグルマソウ属)

07:40

     18070106.jpg  

       ミズキ〈水木〉(ミズキ科ミズキ属) 別名クルマミズキ でした。

       Y&Jさん 有り難うございます。 

08:05  桜ゾネ広場

    18070107.jpg

      10分 休憩

    途中 5分休憩

09:32  嘉平与ボッチの肩 着

     急登を終えて小休止

    18070108.jpg


    18070109.jpg

      守門岳 方面を望む

09:52

     18070110.jpg

    嘉平与ボッチ通過し一度降って、ヒメサユリなど見ながらの登りとなる

    前岳分岐を過ぎると雪渓が出て来る。雪渓にかかると新潟県防災ヘリが飛んでいる

    事故でもあったのだろうか。雪渓を登り切るとその直ぐ先でヘリがホバリングをしている。

    救助活動をするので待ての合図。少し先の木道でスリップでもしたのだろうか。骨折者が

    いるもよう。40分程待たされる。

    山頂直下のお花畑の中をゆるく登る。

11:11  山頂 着

     救助騒ぎの渋滞後だった為、山頂にはハイカーがあふれていた。記念写真は後にして

     ランチ&コーヒーブレイク

11:54  

   18070111.jpg

     ヒメサユリ(ユリ科ユリ属)

     そこで一句『風わたる 浅草岳や ヒメサユリ』 

12:00 山頂にて

   18070112.jpg  


     18070114.jpg  


     18070113.jpg

       前岳横の雪渓はこんな感じ

12:09

  18070115.jpg  

    ベニサラサドウダン(ツツジ科ドウダンツツジ属)

12:13

      18070116.jpg  

       トキソウ(ラン科ヒナラン属)

12:14

  18070117.jpg

   コバイケイソウ(ユリ科シュロソウ属) 今年は他の山でも期待できそうだ

12:30

    18070119.jpg

      橅曽根への分岐

    橅曽根は分岐から標高40mほど降ると急下降になる。登山道は、昨日降った雨の

    せいで抜かっており滑りやすい。

    途中13:20頃 5分小休止

14:10 白崩沢の源流を渡る。

    18070120.jpg  

     我々がしたように、他のパーティーの方々もここでブーツを洗っていく。

14:33  ネズモチ平登山口

    18070121.jpg

    ここからほんの少し桜ゾネ広場方向に少し戻ると白崩沢の流れが林道を越えている。

    そこで再びブーツの底を洗う。

14:49 ネズモチ平P GAUL

    18070122.jpg   

    心配した雷と夕立に遭うこともなく無事に下山できた。

    晴れたが少々蒸し暑かった。梅雨の晴れ間だからね。「梅雨が明けた。」と言うが

    私にはそうは思えない。前線が北に押し上げられていたがしっかり停滞していたで

    はないか。前線が消えたわけでもなく等圧線にクジラの尻尾ができていたわけでも

    なかったからね。たまたま小笠原気団の勢力が少し強くなっただけ。それで直ぐに

    勢力が落ちて台風が日本海に来てしまったではないか。それに雷様もまだ梅雨明け

    宣言をしていない。

    

 

         

    




          

        

        

スポンサーサイト

天子山塊  長者ヶ岳~天子ヶ岳

2018年06月28日(木)   天気;霧時々薄陽が差す

梅雨の晴れ間にと思っていたのだが南からの湿った空気のため霧の中の行動であった。

ルート;河口湖IC=田貫湖キャンプ場南サイト駐車場…休暇村富士…休暇村富士登山口…休暇村分岐

    …テーブルベンチ…長者ヶ岳…上佐野への分岐…天子ヶ岳…展望台…林道終点…林道

    …山之神…天子の森キャンプ場…休暇村富士…田貫湖キャンプ場南サイト駐車場=河口湖IC

 画像提供;Y浦さん

      今回、私がiPhoneを自宅に忘れてきたためY浦さんの画像を提供していただいた。

  河口湖インターを出て富士パノラマライン(139号)を行き「道の駅なるさわ」を過ぎる当たりから

 霧がでてくる。富士宮鳴沢線に入るとかなり霧が濃い。道路も濡れておりフロントガラスにも水滴が

 ついてくる。

  結局、田貫湖についても霧は晴れない。

08:15 田貫湖キャンプ場南サイト駐車場 着

   18062801.jpg

    霧の中だ!

08:22 START 休暇村富士へ向かう

    休暇村の駐車場を抜けて

08:41 休暇村登山口

     18062802.jpg   

     ここから 山道になる。ジグザグに高度を稼ぐ。

09:32 尾根上の休暇村分岐にでて、田貫神社からのルートに合流。09:37 発

10:17 テーブル・ベンチが在るところで小休止 5分

10:53 長者ヶ岳 着

18062804.jpg

11:12 発 

   山頂からわずかに降ると

      18062805.jpg   

      バイケイソウ(ユリ科シュロウソウ属)が花をつけている

      18062806.jpg

       花を拡大すると

11:40 上佐野への分岐 通過 登りになる

    登り切って少し緩く降る

12:07 天子ヶ岳 着

       18062807.jpg

       山頂らしくない

12:09 

  18062808.jpg

  相変わらず霧の中 展望台でランチタイム 富士山は見えない。

12:44 発

    少し急な下りを抜けると道幅も広くなり緩やかになる。途中 小休止5分を入れる。

14:13 林道に出る。広い道を左へ

14:33 林道が川を渡る 「天子の森・田貫湖方面」と記載された道標が在る

14:57 舗装道路に出る 天子の森キャンプ場の中の道となる。

    下に降りてくると霧は晴れている。尾根には霧がまとわりついている。

    休暇村富士の前を通りすぎれば駐車場も近い

15:37 田貫湖キャンプ場南サイト駐車場 GUAL

    終日 霧の中で蒸し暑かったが、梅雨のさなか雨にやられなかっただけラッキー。

    楽しい1日だった。



 

 



上信国境  香坂峠から八風山

2018年06月14日(木)   天気;晴れ


ルート;八王子駅南口=下仁田IC=神津牧場駐車場…馬頭尊…香坂峠…信濃路自然歩道…矢川峠

    …八風山…往路下山…神津牧場駐車場=下仁田IC=八王子駅南口

 神津牧場に着くとハルゼミの合唱が我々を迎えてくれた。新緑が眩しい。

09:30  神津牧場駐車場 START

    18061401.jpg

    牧場の中の道を行く

09:40

    18061402.jpg

     香坂峠へと向かう分岐

09:44    香坂峠への道標が直ぐに現れる。

            18061403.jpg

    牧場の中の道は、わかりにくいので助かる。

09:49  こまめに道標がある

    18061404.jpg


10:15

    18061405.jpg  

     樹林の中の道が続く

10:25

    18061406.jpg  

      馬頭尊

10:39  香坂峠 着

    18061419香坂峠  

      小休止後  10:48 発

11:11

    18061407.jpg  

      妙義荒船林道に接する

11:24

    18061408.jpg        

      小休止 6分

12:10

    18061409.jpg

      道標のある鞍部 軽井沢方面への分岐

12:16  八風山山 頂着

    18061410.jpg  

     三角点のみで 山頂標識はない

13:01  ランチタイム後 

  18061411.jpg         

     山頂を後にする

13:16

    18061412.jpg  

      鎖場を通過

13:41  矢川峠

  18061413.jpg  

     クマシデ(カバノキ科クマシデ属) 

14:24  香坂峠

    18061414.jpg  


15:01  

   18061415.jpg  

      荒船山がよく見える

15:18  牧場 着

     18061416.jpg  

      子牛(雄)が可愛い

15:24

     18061417.jpg

       牧場の売店でのソフトクリームは美味しかった

     新緑とハルゼミの高原を吹き抜ける風もさわやかなハイキングを楽しんだ。       

               

         


道志山塊 初夏の杓子山・鹿留山へ 

2018年05月24日(木)   天気;晴れ


ルート;忍野村・忍野中学校となり「ふれあいホール駐車場」…鳥居地峠…高座山…大ザス峠

    …杓子山…子の神…鹿留山…子の神…立ノ塚峠…雨乞山分岐…養鶏場…ふれあいホール駐車場

08:04 ふれあいホール駐車場 START

  18052401.jpg

   雲がかかってはいるが青空の下富士山は頭を見せていた。

08:23  鳥居地峠 

    18052402.jpg  

      

08:37  駐車スペースがある分岐

    18052403.jpg   

     登山道入口

09:27 急登をあえぎ見下ろせば忍野村が見える

    18052404.jpg

09:28  高座山 山頂

    18052405.jpg  

     小休止

09:54

  18052406.jpg

    ササバギンラン(ラン科キンラン属)やチゴユリなども咲いている

10:09

  18052407.jpg

   ツクバネウツギですね.

10:39  大ザス峠

    18052408.jpg

     不動湯からの林道を合わせる

10:54

   18052409.jpg

    ヤマツツジ(ツツジ科ツツジ属)

11:15

   18052410.jpg  

    レンゲツツジ(ツツジ科ツツジ属)も咲いている

11:38 杓子山

      18052411.jpg  

       ランチタイム

12:07

  18052412.jpg

   残念ながら富士山は雲の蔭に

12:24

  18052413.jpg

   クサタチバナ(ガガイモ科カモメヅル属) シロバナイナモリソウではありません

12:36

   18052414.jpg

    ミヤマザクラ(バラ科サクラ属) 

12:55 子の神

     18052418.jpg  

     鹿留山への分岐 ここからピストン

13:06  鹿留山

    18052416.jpg  

13:12

  18052417.jpg

    

13:23  子の神に戻り二十曲峠方面へ向かう

13:52

  18052419.jpg  

   盛りを過ぎたマルバアオダモ(モクセイ科トネリコ属)

13:53

  18052420.jpg         

   サラサドウダン(ツツジ科ドウダンツツジ属)

14:06

     18052421.jpg  

     所々に このようなロープがフィックスされている所もある

14:15

   18052422.jpg  

    カマツカ(バラ科カマツカ属) 

   そういえば「カマツカ」という名の魚もいましたね。この山にはいないけど。

14:41  立ノ峠

    18052423.jpg  

     ここを右へ折れて内野地区方面へと降る

15:19

     18052424.jpg

        雨乞山分岐

     養鶏所でトイレを借りる

16:24  GOAL

        18052425.jpg  

        ふれあいホール駐車場

16:45  道の駅に立ち寄り

    18052426.jpg

     肉入り吉田うどんを食べてみた

     田舎のうどんの味がした

 富士山が見えなかったのが残念ではあったが、花も有りルートに変化も有り楽しめた。

                 

 

    

      

初夏の高尾山へ 日影からの道

2018年05月20日(日)  天気;晴れ

 朝、ジョギングして戻ってくると

「今日 高尾山に行かない?」と妻。

「……」

 先日、日影から吊り橋を通って高尾山に登るコースをテレビでやっていたのを見て、妻が「良いコースだね。連れて行ってくれる?」と言うので「いいよ。」と言ったのは覚えていた。それが、今日だとは思ってもいなかったのだ。一瞬、返答に詰まった。

「この前、連れて行ってくれると言ってたじゃない。」と、畳み込んできた。

と言うわけで急遽高尾山へ行くことになった。

ルート;JR 高尾駅=BUS=日影…いろはの森…4号路…吊り橋…浄心門…3号路…高尾山…薬王院

    …1号路…京王線 高尾山口駅

10:45 日影 START  

     18052001.jpg

     家を出たのが遅かったのでこんな時間になってしまった。

10:49

     18052002.jpg

      小仏へ向かうバス道から分かれて左へ入る。

10:57  こんな所にキャンプ場

    18052003.jpg  

     この前を左に入り山道となる

11:09 分岐

    18052004.jpg  

     林道に出て尾根に取り付く 

11:19 急登を少し登り傾斜が落ちたところのベンチで小休止。

    18052005.jpg

     新緑の道

11:49 いろはの森分岐

    18052006.jpg  

     4号路に入る

12:01 吊り橋

    18052007.jpg   


12:12 浄心門

    18052008.jpg

     1号路にでる

       18052009.jpg  

       「浄心門」の標識は柱の内側にある。

       1号路を横切り3号路に入る

13:01  分岐

    18052010.jpg

     山頂へ

13:12

   18052011.jpg

    ギンラン(ラン科キンラン属) 発見

13:15  山頂着

     18052012.jpg  

      相変わらず山頂は大盛況

      向こう側の木陰のベンチでランチ

13:57  山頂を後にして薬王院へ

14:14

     18052013.jpg

      そのまま1号路を降る

      途中でサブちゃんの歌を聴いてみた

15:07  GOAL

     18052014.jpg  

      高尾山口駅へ

    気温が低めで風もさわやか、歩きやすい高尾山でした。    

     

    

                  

      

       



プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる