スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西上州 鍬柄嶽(石尊山)~大桁山

2016年11月18日(金)  天気;晴れ

   天を突く岩峰からたおやかな峰へ

   今日も晴れて登山日和だ。

ルート;八王子駅=下仁田IC=鍬柄嶽登山口…阿夫利神社…大桁山分岐…鍬柄嶽

    …大桁山分岐…林道の切通…大桁山…川後石峠…大桁やすらぎの森…

    鍬柄嶽登山口=下仁田IC=日野駅

09:08 鍬柄嶽登山口

  16111801鍬柄岳・大桁山  

      駐車スペースから見上げる鍬柄嶽

  09:09 登山道入口の道標

     16111802鍬柄岳・大桁山  

09:40 大桁山分岐

     16111803鍬柄岳・大桁山

      鍬柄嶽への登りが始まる。ハーネスとロープを着ける

10:10  

     16111804鍬柄岳・大桁山   

       鎖場が続く

10:24 山頂到着

    16111805鍬柄岳・大桁山  

      手作りの標識がある

   16111806鍬柄岳・大桁山

     山頂 祠の前で 360°の大展望、荒船山や鹿岳・四ッ又山などがよく見える

     慎重に降って大桁山分岐に戻る

10:57 大桁山分岐通過

11:12 林道の切通

     16111807鍬柄岳・大桁山   

      林道から5mの鉄梯子を登る

      25分ほど行くとやすらぎの森からの登山道に合流。木道を進む。

12:20  大桁山 山頂着

   16111808鍬柄岳・大桁山

    山頂にはベンチも有り広々としている。35分程ランチタイム。

12:55 下山にかかる。

13:29

    16111809鍬柄岳・大桁山  

      川後石峠 ここからは舗装道路を行く。

13:58 大桁やすらぎの森

  16111810鍬柄岳・大桁山

   葉の形状から「ゴマナ(キク科シオン属)」だと思います。

  16111811鍬柄岳・大桁山   

     カエデが綺麗だ

14:23 車に戻る。

  16111812鍬柄岳・大桁山  

     午後の日を受ける鍬柄嶽

   今日は、2人連れのパーティーに出会っただけだった。

   静かで変化のある山行を楽しむことができた。

   

  




















            

   

     

スポンサーサイト

西上州 秋色の 山急山(991.9m)と五輪岩

2016年11月04日(金)    天気;晴れ
    上信越道の上にそびえる孤高の岩峰山急山と五輪岩へ
   ルート;上信越道松井田妙義IC=送電鉄塔のある東ルート登山口…748m峰
          …稜線の分岐…五輪岩…稜線の分岐…急なルンゼ…山急山…往路下山
          …東ルート登山口=上信越道松井田妙義IC
     今日は、よく晴れており日差しもあるので、風は冷たいが暖かい。
   碓井バイパスが上信越道をくぐる寸前で右折。高速道をくぐり道が左へカーブする
   所にロープが張られた右に入る道がある。ロープを外すことができるので、奥へと
   入る。道が行き止まりになって、3台ほど駐車できるスペースのある所が、東ルー
   ト登山口。林業の人がユンボで作業をしていたので、その方に断って邪魔にならな
   いところに駐車した。
09:21  送電線鉄塔を潜って踏み跡に入る。
          16110401山急山
               直ぐにざらざらな砂利の急登になる。
            風化して崩れた小石が尾根の上に積もっているのだ。ここから先もずっと
          細かいい砂利道が続く。標高差90m程で748峰につく。少し下ってまた急な
          尾根道となる。
             ほどなく岩峰にぶつかり、壁の左側を巻くようにルートが続いている。
             右にクーロアール状のざれた急登を登りきると稜線に出る。五輪岩との
           分岐だ。右へ行くと五輪岩である。
11:00   今にも倒れそうに立つ、高さ5m程の鬼の金棒のような岩。
                   

            此処から、少し先で右に曲がるとやせ尾根となって五輪岩へと続いている。

11:04  五輪岩の上へと出る。

           16110403山急山       

                  山急山 山頂を望む。

            16110404山急山
                    山急山をバックに。

            16110405山急山

                    浅間山が霞んでいた。

             分岐まで戻り、山急山へと向かう。稜線上を行くと岩峰にぶつかり小尾根を左へ

           と巻くルートをたどる。古いロープの下がった急なルンゼが右側にある。これを慎

           重に登る。稜線上に上がるり左へ。正面右に岩峰を巻く不安定なルートがあるが、

           危険度が高いので左のトラバースルートをたどる。直ぐに右に岩の間を縫って登る

           ルートがある。上に出て左へ痩せた稜線をたどると山急山の山頂に出る。

11:56

                 16110406山急山

                      山頂にて

       16110407山急山

                 山頂付近に咲いていたリンドウ(リンドウ科リンドウ属)

12:02  往路を下山。

           ロープの下がった急なルンゼをはじめとして細かい砂利が乗った急斜面の下りは、

         気が抜けない。東ルートの尾根上に出れば一安心である。

            ハイグレードハイキングに相応しいルートで楽しむことができた。

14:14 

           16110408山急山             

                   東ルート登山口に、無事戻ってくることができた。

                   有難うございます。









 

両神山塊 古の峠からミニ槍ヶ岳大ナゲシへ

2016年11月02日(水)  天気;晴れ

 ルート;小倉沢赤岩橋…小倉沢廃集落…赤岩峠…大ナゲシ分岐

               …大ナゲシ…往路下山…小倉沢赤岩橋

 プチハイグレードハイキング

09:20 小倉沢廃集落入口の所に車を止める

    16110201大ナゲシ

     廃屋の切れ目の右手に「山火事注意」の横断幕がある、ここが登山口。

09:30

    16110202大ナゲシ

      橋を渡ると左手に登山道が始まる。

10:49

    16110203大ナゲシ     

       赤岩峠 直下の登り

11:10 赤岩峠

     16110204大ナゲシ  

        峠の祠

     16110205大ナゲシ       

        峠から望む大ナゲシ

11:49

    16110206大ナゲシ       

        大ナゲシ分岐

    ここから右手に降る。少し降ってルートが小ピークを絡む道になる。

   正面に赤岩岳の岩峰が目に入ってくる。大ナゲシのようにも見える。ついそれに

   誘われて小ピークを回り込みすぎてしまった。赤岩峠への尾根道に出てしまった。

   大ナゲシへのルートに戻る。ロスタイムだ。

   大ナゲシへの取り付きは、急傾斜の岩場である。

13:37 大ナゲシ 山頂

   16110207大ナゲシ  

     バックに二子山が見える。

   16110208大ナゲシ

       山頂からの赤岩岳

   16110209大ナゲシ

      山頂から南西方向を望む

16:32  小倉沢廃集落へ戻る。

    今日は、上空に多少雲が有り日差しが弱く風が冷たい1日だった。

    




   


プロフィール

seisho8611

Author:seisho8611
ようこそ生ちゃんブログへ
出身;東京都
性別;男
趣味;登山・スキー・テンカラ釣り
   ・ランニング
(公社)日本プロスキー教師協会会員
   アルペンスキーステージⅡ
   INOUE K2 プロスキースクール所属
(公社)日本山岳ガイド協会認定
登山ガイドステージⅡ
アルパインクライミングガイド協会所属

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。